『スノー・クラッシュ』という本がとても氣になりました…

ナオキマンさんの動画で「第三次世界大戦勃発か?」というのがあったので見てみたんですよね…

動画を見ていて、知らないことばかりでイヤになっちゃいましたけど、Facebookは社名を《Meta》に改名すると発表していたんですね、昨年の10月28日に。。。

Facebookをやっていないこともありで、全然知りませんでした。。。トホホ

この《Meta》というのは【メタバース】からきているんですね。

【メタバース】という言葉が最初に登場したのは1992年出版ニール・スティーヴンスンによって書かれた小説『スノー・クラッシュ』でした。
この小説は近未来の世界で【メタバース】【仮想通貨】【アバター】など様々な映画やエンタメに影響を与えた作品なので、シリコンバレーで働くIT系の人たちにとっては、この小説はバイブルみたいなものだったそうです。
Facebookのマネージメントチームは、この小説を読むことを義務付けられていたなんて!!

うわああ、『スノー・クラッシュ』の内容が氣になる、氣になる、氣になってしょうがないではないですかっ。

それにしても、【メタバース】の世界がもう始まっているんですね〜
昨年、ラッパーのトラビス・スコットがバトロワの人気ゲーム【フォートナイト】内でライブを開くというイベントがあって、なんと!2770万人のプレイヤーが参加したんですって。
ゲームの世界は、からっきし分からなんですけど、このプライヤーの数の多さがスゴいのだけは分かります…

昨年11月5日に行われたトラビス・スコットのライブで興奮した客によって、ケガ人が出たり、亡くなった人も出たという大惨事が起きたそうなのです。
こんな大惨事が起きているというのにライブは続行されているなんて、これいかに?!

参加した人が言うには、地獄のような恐ろしい空間だったそうなのです。。。

そこで囁かれたのが、芸能人、ハリウッドスター、有名人の彼らはイルミナティだという陰謀論がありますが、このライブはイルミナティによる生贄儀式だったという噂まで流れたんですって。

あり得るかもしれないな〜
ありしかさんのブログには、いいことが書いてあったなぁ〜、そういえば。

「我々の住む平和な世界に悪魔を崇拝する悪者がいる」のではなく「我々は悪魔を崇拝する者たちが構築した世界に住んでいる」ということです。

ありしかさんのブログ


最近の世界の情勢を見ていると第三次世界大戦が勃発してるんじゃねぇと昨年末に言っていたナオキマンさん。

エコノミストの表紙を見ると、バイデン大統領と習近平国家主席の顔が並んでいます。


まさか、まさか、プーチンとウクライナだったとは。。。

いやはや、情勢が氣になるところですが。。。

『ふにゃふにゃミルキー(バター味)』が店頭にあって、思わず手を伸ばしてしまった次第です。
なんでしょうね、ペコちゃんの顔に引き寄せられちゃうんですよね…
普通のミルキーよりも柔らかくてバター味が濃厚で美味しく頂きました!
こちらのほうが柔らかくて歯には優しいかもな〜


ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: br_banner_circleframe.gif

人気ブログランキング

+12

コメントを残す