安倍晴明は一説に関東出身で平将門の子どもと言われていると自分で書いたブログに鳥肌が立った日となりました…

Twitterで北海道限定【柿の種ちゃん】のツイートをリツイートしてくれた方がいて、その日はどんなブログを書いていたのかなと見てみたらば…

川崎アゼリアとららぽーと横浜に有る『北海道のうまい物専門店』の【どさんこいちば】さんがリツイートしてくれたおかげで、もう一度5月7日に書いた自分のブログを読むことができました!!

見えないチカラによって、導いて頂いたなというのを感じましたねぇ!

ホント、驚きました!!

5月末に、京都の『晴明神社』に導いて頂き、6月14日には都内唯一 陰陽師 安倍晴明ゆかりの神社である『五方山 熊野神社』に導いて頂き、7月7日にはヒラメキがあって『将門塚』にお参りさせて頂きましたし…

晴明神社
五方山 熊野神社
将門塚


5月7日のブログを読んでいて、【蘇民将来子孫門】という言葉を見たことがあるなと思ったら、そうなのです、6月30日にヒラメキがあった『日枝神社』で頂いた御札に【蘇民将来子孫也】と書いてあったのです。

【夏越の大祓】に参加をして頂くことが出来た御札。
茅の輪くぐりの時に【蘇民将来子孫也】と唱えながらするのに、知らないとは恐ろしいことで、一回も唱えることなく終えてしまったんですが、その由来を読んで驚いたのは『牛頭天王』が関係していることでした。

その昔、牛頭天王という人が旅の途中、蘇民将来という人の家を訪ね泊めてくださいとお願いしました。

蘇民将来は承諾し、泊めてあげました。

実は牛頭天王というのは神様で、宿のお礼に蘇民将来の一族を悪いことから守ってあげようと約束しました。

そして、蘇民将来の子孫だとわかるように「茅の輪」を腰につけていなさい、と。

つまり、「蘇民将来子孫也」とは「私は蘇民将来の子孫です(だから守ってくださいね)」という意味なのです。

京都ecoトリップ

3月20日に登山で行った【奥武蔵・子ノ権現】
『竹寺』には【牛頭天王様】が祀ってありました!!
そういえば、茅の輪もあったよな。。。

牛頭天王はインド祇園精舎の守護神ともいわれ、

中国に入り 密教・道教・陰陽思想の習合があり 日本に伝わったとされています。

さらに陰陽道との関わりを深め

また蘇民将来伝説とも結びつき

スサノオと同体とされています。

竹寺HP


祇園精舎というと、平家物語の冒頭が浮かびます。
祇園精舎というと、祇園祭が浮かびます。
祇園祭というと、八坂神社が浮かびます。
八坂神社の御祭神は牛頭天王である。

5月末に『八坂神社』にお参りさせて頂けたのも、お導きがあったのかもしれません…


全部、つながってきているように思えて、一体どういうことなのだろうと不思議で仕方ありません…

そういうことで、7月7日も、そのようなつながりから『将門塚』のヒラメキが浮かんだのかもしれませんね。

なんか毎日のようにお弁当を食べている感がしますけれども…
塚田農場のチキン南蛮弁当、美味しかったで〜す\(^o^)/

ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: br_banner_circleframe.gif

人気ブログランキング

+12

コメントを残す