口は禍の元 気をつけなければいけないこと

自民党の国会議員が問題発言で辞任に追い込まれている。
伊吹文明元衆議院議員が「6つの『た』にきをつけよ」とアドバイスしている。
なんと2008年口禍問題が生じた時、「6つの『T』に気をつけよ」と同じようなことを言っていたのだ。そちらの方が具体的なので紹介しておく。

立場をわきまえず、言ってはいけないことを言う
正しいと思い込んで、不要な発言をする
話すタイミング間違える
旅先で気がゆるむ
⑤人を見下すような態度を取る
笑いを取ろうとたとえ話

勝谷さんの出馬会見の全文を産経新聞で紹介すると
(その1)


(その2)
(その3)
(その4)
(その5)
(その6)
で、①~⑥はクリアできていたと思う。
橋下氏ら小池知事の選挙と違って対立軸を立てず、敬意をしめしながら、新しい血に入れ替える、と喧嘩しないように細心の注意をしている。
しかし、今後の心配は②と⑥かな。
いずれにせよ、日記では塀の上を歩いていたと自信を持っていらしゃるようだが、言動に気をつけて下さいね。

後心配は、対立候補のネガティブキャンペーンかな。投票日直前に出してくるんだろうな。
困ったものだ。

2+