南シナ海の中国進出は高い代償になるぞ

南シナ海の現状変更を試みる中国、「高い代償」支払う可能性 河野防衛相


<2020.08.08 Sat posted at 11:40 JST
東京(CNN) 河野太郎防衛相は7日、CNNの単独インタビューに応じ、南シナ海の現状を変更しようとする中国の試みについて、国際社会から厳しい対応を招く可能性があるとの認識を示した。>
<中国が南シナ海の砂州や岩礁を埋め立て、高度に要塞(ようさい)化された人工島の列を建設しようとしていることについては、国際秩序の促進や維持につながらないとの見方を示した。>

尖閣諸島を中国が占領すれば同様に要塞となる。
中国海軍が太平洋を自由に行き来できるのだ。
また、台湾が孤立することにもなる。
それを踏まえると南シナ海での中国の暴挙に日本政府が問題点を指摘しても不思議ではない。
河野防衛相がポスト安倍を狙うのであれば当然である。

【備忘録】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(8日午後8時時点) 死者72.1万人に


<【8月8日 AFP】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間8日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は72万1902人に増加した。

 中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに196の国・地域で少なくとも1941万9370人の感染が確認され、少なくとも1151万4500人が回復した。

この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関(WHO)からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。

7日には世界全体で新たに6106人の死亡と27万1069人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのはブラジルの1079人。次いで米国(1062人)、インド(933人)となっている。

最も被害が大きい米国では、これまでに16万1358人が死亡、494万2008人が感染し、少なくとも162万3870人が回復した。

次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は9万9572人、感染者数は296万2442人。以降はメキシコ(死者5万1311人、感染者46万9407人)、英国(死者4万6511人、感染者30万9005人)、インド(死者4万2518人、感染者208万8611人)となっている。

人口10万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーの85人。次いで英国(69人)、ペルー(63人)、スペイン(61人)、イタリア(58人)となっている。

香港とマカオ(Macau)を除く中国本土で発表された死者数は4634人、感染者数は8万4596人、回復者数は7万9123人。

地域別の死者数は、中南米・カリブ海(Caribbean Sea)諸国が21万5859人(感染541万2752人)、欧州が21万2794人(感染332万4721人)、米国・カナダが17万362人(感染506万783人)、アジアが7万515人(感染334万7655人)、中東が2万9570人(感染122万8429人)、アフリカが2万2491人(感染102万2418人)、オセアニアが311人(感染2万2618人)となっている。

各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar