バイデン氏が選挙人306人獲得 トランプ氏逆転困難/バイデン氏の気候変動対策、就任初日に実行/目標は来年中に各国人口2割に免疫 WHO

米大統領選、バイデン氏が選挙人306人獲得 トランプ氏逆転困難


<2020年11月14日6:41 午前
[レホボスビーチ(米デラウェア州)/ワシントン 13日 ロイター] – 米大統領選は、勝敗が判明していなかったジョージア州とノースカロライナ州で13日も開票作業が続き、民主党のバイデン前副大統領がジョージアで、共和党のトランプ大統領がノースカロライナでそれぞれ勝利を確実にした。これで全州の当確が出そろい、トランプ氏が選挙結果を覆せる可能性はほぼなくなった。>
<トランプ氏が続投するには少なくとも3州でバイデン氏のリードを覆す必要があるが、これまでのところ覆せる証拠は示されていない。>

これで決まりにして欲しいとアメリカの有権者は思っているだろう。
政権が変わり引継ぎもたいへんなんだから、トランプ大統領は早く敗北を認めるべきだ。
アメリカが不安定だと日本にも影響する。
よき敗者にならないと。

バイデン氏の10の気候変動対策、就任初日に実行を約束


<2020.11.14 Sat posted at 12:15 JST
ワシントン(CNN) バイデン次期米大統領は来年1月20日の就任初日に気候変動対策を中心とする数多くの大統領令への署名を計画している。>
<バイデン氏は2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする野心的な気候変動計画を発表。計画にはクリーンエネルギーや環境関連の仕事への1兆7000億ドル(約178兆円)の投資や、化石燃料に対する補助金の終了の要求、公共の土地における新たな石油やガスの操業許可の禁止が盛り込まれている。>

この投資で環境に強い企業の株価は上昇する。
既存の企業、特に製造業もエネルギー消費量を減らすことが社会から要求され、株価で評価される。
気候変動対策が経済対策にもなるはずなのだが、どうなることやら。

ワクチン信頼、コロナ収束に不可欠 目標は来年中に各国人口2割に免疫 WHO


<【11月14日 AFP】新型コロナウイルスのワクチン開発の成果を各国が発表している中、世界保健機関(WHO)の専門部門のトップがAFPのインタビューに応じ、ワクチンに対する不信感によって、新型ウイルス対策として最も効果的な治療法も無用なものになりかねないと警鐘を鳴らし、目標は、2021年末までに各国人口の20%が免疫を獲得することだと話した。>

WHOはワクチンの評価に関与して安全性や有効性に妥協しないと言っている。
今、アメリカのファイザー製薬のワクチンが先行しているように報道されているが、ロシアでも中国でも発表がある。
どこまで評価を徹底できるか。
大国の圧力で忖度するようでは、本当にWHOの存在意義がない。
まだ、季節性インフルエンザのワクチンも注射していない。
体調を崩しそうな気がするからだ。
新型コロナウイルスのワクチンが完成されてもすぐには打たないだろう。
結構ビビりである。

【備忘録】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(13日午後8時時点) 死者129.4万人に


<【11月14日 AFP】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間13日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は129万4539人に増加した。

中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに196の国・地域で少なくとも5277万5840人の感染が確認され、少なくとも3403万3100人が回復した。

この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関(WHO)からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。

12日には世界全体で新たに9921人の死亡と60万8625人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのは米国の1512人。次いでブラジル(908人)、イタリア(636人)となっている。

最も被害が大きい米国では、これまでに24万2435人が死亡、1055万5469人が感染し、少なくとも405万1256人が回復した。

次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は16万4281人、感染者数は578万1582人。以降はインド(死者12万8668人、感染者872万8795人)、メキシコ(死者9万7056人、感染者99万1835人)、英国(死者5万928人、感染者129万195人)となっている。

人口10万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーの120人。次いでペルー(106人)、スペイン(87人)、ブラジル(77人)となっている。

香港とマカオ(Macau)を除く中国本土で発表された死者数は4634人、感染者数は8万6307人、回復者数は8万1279人。

地域別の死者数は、中南米・カリブ海(Caribbean Sea)諸国が41万9270人(感染1188万5876人)、欧州が32万6527人(感染1390万4462人)、米国・カナダが25万3189人(感染1083万5945人)、アジアが18万371人(感染1132万972人)、中東が6万7695人(感染286万2682人)、アフリカが4万6546人(感染193万5915人)、オセアニアが941人(感染2万9988人)となっている。

各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。>

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar