サッカー欧州スーパーリーグ/フェイスブックが音声機能強化 クラブハウスに対抗

「サッカーは変化が必要」 レアル会長が欧州SLの創設目的を強調


<【4月20日 AFP】計画が正式発表されたサッカー欧州スーパーリーグについて、大会の初代会長に指名されたレアル・マドリード(Real Madrid)のフロレンティノ・ペレス(Florentino Perez)会長は20日、創設の目的はサッカーを救済するためだと述べた。>
<「UEFAは独占企業であり、透明性を確保しなければならない。UEFAはその歴史の中で良いイメージを持っていない。対話にオープンでなければならないし、脅迫的ではいけない」 >
UEFA会長が欧州SLを猛批判「意地汚さ、利己主義に他ならない」

<【4月20日 AFP】欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン(Aleksander Ceferin)会長は19日、欧州スーパーリーグの計画に関与しているクラブを批判すると同時に、ユベントス(Juventus)のアンドレア・アニェッリ(Andrea Agnelli)会長とマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)のエド・ウッドワード(Ed Woodward)副会長に対して猛烈な怒りをあわらにした。>
<UEFAはアニェッリ氏をはじめ他の強豪クラブから試合数を増やしたいとの要望を受け、欧州チャンピオンズリーグのグループステージの試合数を現行の6から10に増やし、出場枠も現在の32チームから36チームに拡大する計画を立案した。>
サッカー「欧州スーパーリーグ」阻止のため何でもする 英政府が表明

<英政府は19日、サッカーの欧州スーパーリーグ(ESL)創設計画が発表されたことを受け、阻止のために「必要なことはすべて」実行すると表明した。同リーグには英イングランドの6クラブも参加を予定している。>

サッカー利権を巡って、対立している。
UEFAはヨーロッパチャンピオンリーグの出場枠を増やして試合数を増やし収益を上げようとしている。
当然、試合によってはチーム力に差があり、面白くない試合が増える可能性もある。
ESLは、強豪チームに出場枠を絞ることで実力伯仲の試合を続けることでサッカーファンが満足するという考えだ。
そうするとESLから漏れたチームは経済状態が悪化する可能性がある。
そこへサッカーの母国イギリス(イングランド)が反対の陣をはった。
これは見ものである。

フェイスブックが音声機能強化 クラブハウスに対抗


<【4月20日 AFP】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック(Facebook)は19日、新たな音声機能として、ポッドキャストや「ライブ音声ルーム」などを加えると発表した。急成長する音声SNS「クラブハウス(Clubhouse)」に対抗する。>

クラブハウスに招待され、初めのうちは物珍しさで聞いていたが、最近はアプリを開かない。
よほど時間に余裕がないと聞けない。
歳を取って、聞きながら他のことをするということが苦手になってきた。
そもそも自分から発言しに行くなど勇気がない。
使いこなせていないのだ。
アメリカではFacebookが対抗するほど流行っているのだろうか?

【備忘録】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(19日午後7時時点) 死者302万人に


<【4月20日 AFP】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間19日午後7時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は302万765人に増加した。

これまでに世界で少なくとも1億4129万1720人の感染が確認された。大半はすでに回復したが、一部の人々にはその後も数週間、場合によっては数か月にわたり症状が残っている。

この統計は、各国の保健当局が発表した日計に基づいたもので、ロシアやスペイン、英国で行われた統計局による集計見直しの結果は含まれていない。

検査の実施件数は流行初期と比べて大幅に増加しており、集計手法も改善したことから、感染が確認される人の数は増加している。だが、軽症や無症状の人の多くは検査を受けないため、実際の感染者数は常に統計を上回る。

18日には世界全体で新たに8980人の死亡と68万7697人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのはブラジルの1657人。次いでインド(1619人)、ペルー(433人)となっている。

最も被害が大きい米国では、これまでに56万7217人が死亡、3167万353人が感染した。

次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は37万3335人、感染者数は1394万3071人。以降はメキシコ(死者21万2339人、感染者230万5602人)、インド(死者17万8769人、感染者1506万1919人)、英国(死者12万7270人、感染者438万7820人)となっている。

人口10万人当たりの死者数が最も多いのはチェコの266人。次いでハンガリー(261人)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(237人)、モンテネグロ(228人)、ブルガリア(218人)となっている。

地域別の死者数は、欧州が102万5222人(感染4805万8397人)、中南米・カリブ海(Caribbean Sea)諸国が86万4999人(感染2722万5838人)、米国・カナダが59万833人(感染3278万9620人)、アジアが29万8242人(感染2145万6957人)、中東が12万2581人(感染729万46人)、アフリカが11万7861人(感染442万9269人)、オセアニアが1027人(感染4万1602人)となっている。

各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。>

+2
PAGE TOP