米下院議長、台湾に到着 中国反発「的を絞った軍事行動」宣言・ペロシ米下院議長が台湾を訪問、議会で演説 中国は「極めて危険」と非難・蔡総統「台湾は引き下がらない」 ペロシ氏と会談・ペロシ氏訪台、中国の経済的報復困難で高まる軍事衝突リスク/ロシア、アメリカがウクライナの戦争に「直接関与」と非難 米製兵器による攻撃を承認と

米下院議長、台湾に到着 中国反発「的を絞った軍事行動」宣言


<【8月2日 AFP】米国のナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長(82)が2日夜、台湾に到着した。ペロシ氏は訪問理由について、米国の台湾に対する「揺るぎない関与」を示すためと説明。訪問に繰り返し反対していた中国は「的を絞った軍事行動」を開始すると宣言した。>
ペロシ米下院議長が台湾を訪問、議会で演説 中国は「極めて危険」と非難

<アメリカのナンシー・ペロシ下院議長が2日深夜、台湾を訪問した。過去25年間で最も高位の米政治家による訪台で、中国は「極めて危険」な行動だと非難した。ペロシ氏は3日、台湾の立法院(議会)で演説した。>
蔡総統「台湾は引き下がらない」 ペロシ氏と会談

<【8月3日 AFP】台湾の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統は3日、訪台中の米国のナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長と会談した。蔡氏は「台湾は引き下がらない」と述べ、民主主義を守る姿勢を強調した。>
<ペロシ氏は「われわれはきょう、台湾への関与をやめるつもりはないと明らかにするため台湾に来た。われわれの揺るぎない友情を誇りに思う」と語った。ペロシ氏は先に代表団は「米台友好の証」および「域内の平和」のために訪台したと述べていた。>
コラム:ペロシ氏訪台、中国の経済的報復困難で高まる軍事衝突リスク

<[香港 2日 ロイター BREAKINGVIEWS] – ペロシ米下院議長の台湾訪問に猛反発している中国側にとって、現実的には経済的な報復手段が乏しい。それが逆に米国との軍事衝突リスクを高めている。>
<中国は、特に台湾の主力産業である半導体などの高付加価値製品の輸入は続けざるを得ない。自国の製造業に供給されている半導体の輸入を止めれば、すぐさま輸出に影響が及ぶ。鴻海精密工業や台湾積体電路製造(TSMC)といった大手台湾企業は、中国本土で多数の労働者を雇用している面も忘れてはいけない。これは多くの米国企業にも当てはまる状況だ。>

ペロシ下院議長が訪台し、議会での演説、蔡英文総統との会談などで、中国は面子が潰れた思いだ。
台湾は中国への輸出比率が大きいので経済的な制裁を受ければ、痛手なのだが、グローバルチェーンから見て、どうしても半導体は輸入しなければならない。
だから、中国は自国生産を急いでいるのだろうが、すぐに出来るわけではない。
アメリカとはトランプ大統領の時代からお互いに関税を増やしているので効果はない。
だがら、実弾を装着して軍事演習を行なうことで、国内と国外の両方に対して怒りを見せるしか仕方がない。
三文芝居のはずだが、運が悪ければ、偶発的に戦争になる可能性もある。
日本国民としては何もないことを祈るしか仕方がない。

ロシア、アメリカがウクライナの戦争に「直接関与」と非難 米製兵器による攻撃を承認と


<ロシア政府は2日、ウクライナでの戦争にアメリカが直接関与していると、初めて非難した。
ロシア国防省の報道官イーゴリ・コナシェンコフ中将は、ウクライナ軍がアメリカ製M142高機動ロケット砲システム(HIMARS)を使って攻撃する標的を、アメリカが承認していると主張した。
「ウクライナ政府が承認した、大勢の民間人の死につながったドンバスやそのほかの地域の住宅地や民間インフラ施設に対する全てのロケット攻撃の直接の責任は、バイデン政権にある」
コナシェンコフ氏は、ウクライナ政府関係者の通話を傍受し、両国のつながりが明らかになったとしている。BBCはこれを独自に検証できていない。>

ロシアのアメリカに対する非難は、HIMARSの効果が高いことを示している。
Image shows graphic of Himars launcher system
ロシアが侵入した時から、ロシア軍の位置情報などをアメリカがウクライナに情報提供してきた。
例えば、HIMARSの飛距離を延ばしたりすれば、ロシアが戦術核を使用してもアメリカに原因があると脅しているのだろうか。
本当に、この戦争はいつ終わるのか。

+3
PAGE TOP