英スポーツ相、虹色腕章を着用して英国勢対決観戦へ カタールW杯

英スポーツ相、虹色腕章を着用して英国勢対決観戦へ カタールW杯


<【11月29日 AFP】英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ相を務めるスチュアート・アンドリュー(Stuart Andrew)氏が、29日に行われるサッカーW杯カタール大会(2022 World Cup)のグループB最終戦のウェールズ対イングランド戦で、国際サッカー連盟(FIFA)が選手に使用を禁止している虹色の腕章を着用すると表明した。>
<イングランドやウェールズなど欧州7チームは、反差別のシンボルとなっている虹色の腕章を今大会で着用する計画をしていたが、FIFAから競技上の制裁を警告されて断念していた。カタールでは同性愛が違法とされており、グループ初戦ではファンが携帯していた虹色のアイテムが、警備員に没収されたとの報道が出ていた。>
<同性愛者であることを公表しているアンドリュー氏は、英ITVニュース(ITV News)の取材で「ぜひとも『OneLove』の腕章を身に着けたい」と話し、「私も支援を示したい。ドイツの閣僚が先日の試合で着用しているのを見てうれしかった。自分もそうすることが重要だと思う」と述べた。>

FIFAとしては、開催国の機嫌を損ねさせる必要はない。
無事に大会が運営されれば、良いだけのことだ。
だから、カタールが同性愛を違法としてようといまいと関係ない。
テレビでも映さないだろう。

日本を見るとマツコ・デラックスさんが人気でテレビに引っ張りだこ。
関西のローカル番組ではナジャ・グランディーバさんが活躍している。
そういう点では、多様化が身近にあり、昔に比べれば偏見も少なくなっているだろうが、法律が追いつかない。
そういう点では、日本は欧米基準でまだ非難の対象なのではないか。

+3
PAGE TOP