ニコン P900の設定を少しいじって月を撮ってみたら…。あと、フライトレーダー24で不思議な機影を見たのだ…

トップの写真は、こんやの月。半月である。

この写真を撮る前に、ニコン P900の設定を少し弄ってみた。ホワイトバランスというものを、これまでは自動にしておいたのだけれども、晴天という項目に変えたのだ。
先日、ニコンのサイトで、天体写真の撮影方法に関するページを見ていたところ、作例の写真がいずれも、ホワイトバランスを晴天に設定したと書いてあることに気づいたのだ。

ほほう、そこはオートよりも晴天の方が良いのね…と思った僕は、きょうそれを実行してみたというわけである。本日は、比較的大気の状態が良さそうだということも手伝ってか、いつもよりかなりくっきりと月が写ったように思う。
特に、右下の欠け際などが顕著だ。下は、P900のズームをほぼ目一杯に伸ばして撮った写真。こうして見ると、クレーターが随分と立体的に写っていることがよく分かる。

もう、ボコボコと言うよりは、ギザギザと言うか、ガリガリと言うか…そんなラフな地表が肉迫するように見て取れるのは、決して気のせいではないだろう。この設定は、結構使えるのかも。
このように、全体的に細部までくっきりとして写るので、また機会があれば、航空機や他の星の撮影でも試してみようと思う。P900は、斯様にまだまだ奥深いカメラなのである…。


(その後、少し雲が出て来たところを引きで撮影)

もう2週間くらい前、先月末のことだけれども、午前中にリアルタイム航空情報アプリ「フライトレーダー24」を眺めていたときに、ある不思議なアイコンをひとつ見つけたのである。

このフライトレーダー24では、航空機の機種に応じて、マップ上のアイコンの形が違う。例えば、ボーイング747ならば、主翼にエンジンが4つ付いた旅客機の形になり、777ならば2つの形になる。
また、セスナなどの軽飛行機ならば、小さめの如何にもそれらしい形のアイコンになる、という具合だ。その辺りは、細部までこだわった作りになっているようである。

その日、僕が見かけたのは、それらとは全く違う不思議な形をしたアイコンだったのである。少なくとも、旅客機のそれではなかった。軽飛行機ともヘリコプターとも違う。下のようなものだったのである。

機体の後ろの方が膨らんだようなアイコンの形状。上のスクリーンショットは、大島上空を飛行中のものである。飛行の軌跡の線を北の方へずっと辿っていくと、神奈川県の厚木に行き着いた。米軍基地のある場所だった。さて、この飛行機は一体何か?

何と、戦闘機だったのだ。これにはビックリ。自衛隊機をはじめ、軍用機は普通、フライトレーダー24のマップ上には表示されないものなのだ(但し例外はあるようだ)。
下も、フライトレーダー24のスクリーンショット。当該機のデーター部分を表示させたところである。写真が何とも凛々しき、ホーカーハンターという戦闘機だ。

下も、データー部分の続き。機種の欄に、英字で「ホーカーハンター F58」と記されているのが分かる。他には、登録番号が「N322AX」であることや、約3000mの上空を時速700kmを超える速度で飛んでいること、などなど。

更に、Wikipediaでホーカーハンターについて調べてみると、興味深いことが分かった。この機種の「派生型」という項目に、この「F58」のことが載っていたのである。


(出典:Wikipedia 「ホーカーハンター 派生型」)

上のように、「F58」は「スイス向け」と書いてあるのだ。何故、スイス軍の戦闘機が遥々、米軍の厚木基地に?僕は、わけが分からなくなってきた…。

そこで、次に調べるべきは、「N322AX」という登録番号である。
グーグル検索をしてみると、幾つかのサイトに行き当たった。それらの情報を総合すると、この登録番号のホーカーハンター F58は、現在ATACという米国の民間会社の所属だということであった。

ATACとは、米軍の訓練を支援する会社なのだそうだ。いやあ、そのような企業があるとは知らなかった…。流石の米国、いろんな企業があるものである…。
つまり、嘗てスイス軍に所属していたこのホーカーハンター F58は、現在ATACという米国の民間企業に登録されており、この日、厚木基地を離陸して太平洋上を飛行していたというわけなのだ。

その後、この戦闘機がどこへ行ったか?ということなのだけれども、上に載せたスクリーンショットのように、大島までは見えていたのだけれども、そこを過ぎたところで忽然と姿を消したのだ。
いや、正確に言うと、フライトレーダー24からは見えなくなったということなのである。多分、ある時点でフライト信号を消したのだろう、と思う。これは自衛隊機でもよくあることで、ミッションの都合上からか、マップ上の機影が途中で消えることがあるのだ。

そんなわけで、フライトレーダー24で、初めて戦闘機を見たのだった。欲を言えば、いつもの自衛隊のヘリや哨戒機のように、うちの上空でも飛んで行ってくれれば、実の姿を写真に収めることが出来たのに…。まあ、無い物ねだりであるw


さてさて、きょうは夕方から、娘がキッチンでやおら、チョコレートを砕いたり溶かしたりして何かを作り始めた。
明日、学校で友達同士と交換をするために、チョコレートのお菓子を作っているのだそうである。上の写真は、マシュマロやフルーツグラノーラを混ぜているところだ。

これ、我々(息子や僕)も貰えるのかな、と期待をしたのだけれども、どうやらそうではないようである…。こりゃまた残念w(ちなみに、学校の男子たちもあげないのだそうだ)

……
最近、うちの玄関の鍵の廻り具合が渋くなったり、ときには廻らなくなったりしてきたので、どうしたものか…と思案したところ、このような製品に行き当たりました。鍵にはCRC-556のような潤滑系は使ってはいけないそうですが、下のスプレーは、潤滑油ではなく、鍵の内部に適した細かいパウダーが噴出されるタイプなのだそう。これを買って使ってみたところ、お陰さまで良く廻るようになりましたとさ。めでたし、めでたしw

「鍵穴専用パウダースプレー 鍵穴のクスリII 17ml」
……

+2
PAGE TOP