東京大学1999年理系第5問

実験しようにも何をしていいかわからないとき、ぱっと手が動かないとき、は問題をカテゴライズできていないことが多い、というのは至言。本問は①整数②数列③場合の数、で考える。

大統領と総理大臣、掃除当番の公式etcはわかりやすい。数学っておもしろいじゃんねー(田畑政治風)

背景はこちら⇒パスカルの三角形の性質とフラクタル


応援のワンクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

+1

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP