第69期王将戦七番勝負第2局2日目 力強い踏み込みをみせて広瀬章人八段勝利、1勝1敗で5番勝負に

広瀬章人八段、久々の会心の勝利と言っていいだろう。こういう勝負事はいくら御託を並べようとも、勝たなければ意味はないのだ、と思う。終盤に緩手で逆転されてしまう悪いイメージが払拭できたのならば、本シリーズは大いに面白くなるに違いない。

印象に残ったのは95手目の▲2二馬。飛車を見捨て金を馬で捕獲し一気に踏み込んだところで、広瀬章人八段の復調をかすかに感じたのは私だけであろうか。

応援のワンクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

3+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加