第78期順位戦C1級 藤井聡太七段vs高野秀行六段 藤井七段が9連勝でB級2組昇級決定

昨年は悔しい思いをした藤井聡太七段も今年は満を持しての9連勝でB級2組昇級を決めた。途中まで観ていたが、その後ほどなく終局したようだ。

高野六段と言えば、藤井聡太の四段時代「性能の良いマシンが参戦すると聞き、フェラーリベンツを想像していたらジェット機が来たという感じ」と当時の衝撃を語った事で有名だ。なかなかの中年の星、ナイスガイである。

その高野六段が対局前「今までにないほど勉強している」と並々ならぬ準備をしていたようである。然るに異常天才には敵わなかったが、悪手の見当たらない熱戦を演じた。

角換り腰掛銀で先手が微差のリード。高野六段が80手△6七歩打と先手玉のそばにイヤミをつけて反撃かと思った矢先、▲3三桂成の成り捨て、金を吊り上げて▲2三角~▲6七角成で磐石の火消し。作った馬をぶった切って一気に攻め込んで99手▲3三銀打ですんなり投了。

高野六段の将棋教室の教材になるような綺麗な棋譜である。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

3+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加