第61期王位戦挑戦者決定リーグ 白組1回戦 藤井聡太七段vs羽生善治九段 普通に強かったレジェンドをねじ伏せて若きレジェンドが勝利

AbemaTVで視聴。いやはや、タイトル戦かと思ってしまうほどの扱いですな。解説者がこれまたすごい。王位戦挑戦者決定リーグ注目の開幕戦の解説を現王位の木村一基がやっちゃうんだから。そもそもこの木村一基王位は解説名人で名高い。手の解説も当然のことながら手慣れた雑談&聴き手いじりも抜群である。

将棋は実に難解な角換わりの中盤、持ち時間4時間の将棋で1時間20分もの大長考に沈んだ時には、藤井聡太やっちまうんじゃないか?、と心配になったが、ソフト次善(79手目▲6六銀)を選択。受けた羽生九段がまた1時間以上の長考で返したのも納得。

84手目△2四歩は間違いなく羽生マジック、それに返した85手目▲3三歩は聡太マジックである。

途中、木村王位・三浦九段の解説予想とは違う局面になったところは実に面白かった。いや、一番面白かったのは、「誰が挑戦者になればいいですか?」と問われた木村王位が「全員負けてほしい」と即答したところである。今リーグでは豊島前王位、菅井元王位、永瀬二冠、藤井七段以外が来たら十分防衛はあり得る。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
4+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加