第5期叡王戦挑戦者決定三番勝負 第3局 豊島将之竜王・名人が挑戦権獲得 さあ大変なことになった、名人防衛&叡王挑戦、最大14連戦

以前将棋のブログのアンケートで第5期叡王戦の挑戦者は?というものがあった。私は豊島竜王・名人の2勝1敗と予想したのだが、奇しくも的中した。

竜王・名人の2勝1敗
渡辺明の快進撃もここまで。タイトル初防衛に燃える豊島竜王名人が三冠王になる。
2020/02/05/ 12:4634e731eab69b

渡辺明三冠の調子がおかしい。事実上将棋界の頂上決戦を制したのは若きDragonKingMasterであった。豊島ペースの終盤戦手前から渡辺三冠得意の粘り強い指しまわしで一時は形勢逆転。渡辺三冠の100手目△7一銀が緩手だったようで再逆転。両者秒読みの中の好手連発、極限の緊張感、まさに名人戦第0局と言ってしまってもおかしくない。

それでも、なお、竜王・名人が三冠を上回ったことには違いない。この勝利は豊島将之竜王・名人にとって大きな自信になったのではないだろうか。永瀬拓矢から叡王を奪取すれば竜王・名人・叡王の大三冠(賞金額ベース)となり同じ三冠でも棋王。棋聖・王将の渡辺明と明らかに差がつく。名人防衛も十分可能な状況になる。問題は過密日程のみ。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
1+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加