武漢風邪の影響で2ヶ月弱公式戦から離れて史上最年少タイトル挑戦記録の更新は風前の灯火と思われていた藤井聡太だが

政府のある意味前のめりな緊急事態宣言解除がなされたことにより、事態が急転。一気に新記録樹立の可能性が出てきた。明後日に行われる今期棋聖戦の挑戦者決定戦で勝利すると、従来の記録を4日上回るのだ。17歳10ヶ月20日という最年少タイトル挑戦記録樹立である。

決勝の相手は今月、豊島(最強)竜王・名人の挑戦を受ける永瀬拓矢二冠。藤井聡太にとっては全く不足はない。永瀬に勝てないようでは棋聖である渡辺明三冠にも勝てないよ。大いに期待する。

新記録に王手!藤井聡太七段、決勝進出 4日に勝利なら最年少タイトル挑戦記録樹立

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
5+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加