第91期棋聖戦五番勝負第3局 多くの国民はTVニュースで「藤井聡太が負けて史上最年少タイトルは持ち越し」という結果のみ知ることになるが、この戦いがどれだけ激烈なものであったか人口に膾炙する世界になってほしい

若武者らしく大事にいこうという気が全くない藤井聡太七段の強気の攻めと受けが、流石の永世竜王・永世棋王の渡辺明に咎められた、という本局である。昼食休憩の時点で76手まで進み、午前中に盤面は終盤戦に突入というスピーディな展開。両者研究が過ぎるぞ。藤井聡太七段はタイトル戦初の黒星。私の注目は2点。

➀△9九角成(82手目)に対する▲7七桂が渡辺棋聖の攻めを引き込む強気な指し回しで胆力ありまくりの驚愕の一手。攻めてこられるのは覚悟の上、受けつぶせると考えたのか。このような手が出てくるところが藤井聡太の魅力のひとつだ。

➁△9九飛(90手目)に対する▲9八銀に1時間20分以上の大長考。ここはいくらでも読みたいところで、こんなに読むからには詰みがあったか、とまで感じたがそうではなかったようだ。ここで持ち時間に差をつけられたところが最終盤で渡辺明に利した。豊島竜王・名人は同様のことで渡辺明に黒星を喫して、このタイムマネージメントを修正してきた。愛知県人として藤井聡太も続いてほしい。

さて、ここで指した▲9八銀について、またしてもたややん氏が興味深いツイートをしている。無断で引用したのでご興味のある方はお読みください。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
6+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加