2016年の週刊文春 (光文社) 単行本 – 2020/12 柳澤健 (著)

花房観音の輝いていない日々 第51回で、今年最後のおすすめ本として紹介されていたものである。ただ者ではない勝谷氏にも言及されているが、ほんのちょっとである。
「2016年の週刊文春」(著・柳澤健/光文社)https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334952143

久しぶりに本当に没頭できるノンフィクション本を読んだ。どのくらい面白かったかというと、520ページあって決して薄いものではないものを大みそかが終わる時間から元旦のこの時間までで一気に読んでしまったくらいである。文藝春秋社ってキツそうだが楽しそうだな。年末年始休暇ですっかり身体も心も鈍ってしまった。早く仕事したいよ(苦笑)


個人的2020年のベスト・ノンフィクションはこれ!

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
10+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加