2021/03/30

 昼前後から襲ってきた激烈な右足首痛に耐えてついにやり遂げた。昨年の1月・2月の給与所得の源泉徴収票をやっと発見したのである。ついでのご褒美に現金6千円が出てきた。毎日食べている600円弁当が10日分食べられる。
 右足首痛の正体は痛風である。1985年から患っているのでもう36年になる。これだけ長い付き合いだと最早自分の分身、否自分自身であると言ってもよい。贅沢病だなどと煙草なんぞ吸う愚か者からよく揶揄されたが、お前のような健康云々いう資格のない者に言われたくはないわと喝破した。煙草や酒をやめられない者はさっさと死んでしまえばいいのだ。
 通常は足の親指付け根が腫れあがって微風が当たっても痛むくらいになるのだが、わしのような熟練痛風患者になると足首や膝にも発作が来る。こうなると厄介だ。週の後半は子供の送り迎えでえらく重い荷物を持って階段を上がり下がりしないといけないのである。然るに帰宅後即冷湿布で足首をグルグル巻きにし、イブクイックを2錠のんだ。
 日中の待機時間中じっくりマインドチャージしたわしは昨日1時間弱の片づけの続きに一気に取り掛かる。
 部屋の片づけをするうえで大きな問題がいくつかある。【問題1】舞い上がる埃で気管支をやられ喘息発作が出てしまう。【問題2】本・雑誌類はつい読んでしまい片付け作業の妨げになる。【問題3】レシート領収書類は全て捨てずに取ってあるが、これらが散らばるとゴミと見分けがつかない(というかほとんどゴミなのでいつまでたっても片づかない)これらの解決策はやりながら考えた結果、次のようにした。
 【解決1】片づけたいものは全て一度廊下に出して仕分けをしてゴミ袋に入れる。当然マスクはしたまま。これにより部屋の中に埃が舞うのをある程度抑える。【解決2】本・雑誌類は絶対に読まずに、捨てるか一時的に保管するか決める。捨てる場合も重いのでゴミ袋に入れず中間貯蔵施設を造りそこに積んでおく。【解決3】レシート領収書類は基本的に捨てる。しかし仲の良いセルカのレジの娘が打ったものだけは残す。さらに大前提として睡眠時間は7時間半を確保するため翌日が遅番の場合22時30分(早番の場合21時00分)には必ず就寝するようにする。
 さて、その結果今日で自室の床部分50%は更地になった。明日も同じペースでやれば腕立て伏せくらいは出来るようになるだろう。さらに医者からもらった胃薬と一緒にのむ痛み止めまで出てきた。これで100人力である。かくして3月も最終日へと向かい、わしも息苦しくなることなく眠りについた。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
+4

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP