麒麟の翼~劇場版・新参者~

このGWは映画三昧することにして引きこもる日々キャンペーン、その第四弾。2011年公開、東野圭吾原作。

原作が未読なのは間違いないが、日本橋(←本当の)や人形町の情景、水の中で溺れているイメージのカット、全く登場してこなかった人物が実行犯だった点、などどこかで一度観ていたことも間違いない。お恥ずかしいがディテールを完全に忘れていたのでかなり楽しめた。

私は映画は役者(特に女優)でみているところがあって、おそらく最初観た時には特に印象のなかった俳優たち(溝端淳平、松坂桃李、菅田将暉、山﨑賢人ら)にその後なじみが生まれて、彼らの今よりも10年は若いころを楽しめたことが一番の収穫。阿部寛、中井貴一、新垣結衣、鶴見辰吾、松重豊らは大して印象は変わらない。怪優緋田康人は健在、志賀廣太郎は亡くなった。

内容について述べる。二時間ドラマと思えば悪くないし上質。音楽が全く映像とマッチしていないが、電通広告付きテレビドラマだと思えば気にならない。知っている景色や店をみて楽しめる方は劇場映画にしてもらっても十分満足だろうなぁ。話は東野節満載の最初から悪意があったわけではない一般人が一時の感情でとんでもないことをしでかした話を大きく刺殺事件と轢死した容疑者の行動の2本立てで複雑に織り込んでいる。

目先がコロコロ変わってしまいそうだが、わけがわからなくなるほどではなく、気楽な連休中に観るには十分楽しめた。ただし、致命的な欠点がひとつだけある。新垣結衣が全く魅力的に撮られていない。これは絶対に許せない。登場機会がたっぷりあったのに彼女の魅力をこれっぽっちも引き出せていないことは万死に値する。星は0.5個。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
+2

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP