幻の「ベルセルク」第83話 深淵の神②

単行本未収録である。したがって私は読んでいなかった。その名の通り、哲学的な神との対話。このグリフィスと神(イデア)との対話のどこが原因で単行本未収録になったのか。。。さっぱりわからん。

こちらで、その未収録分を読むことが出来る。⇒http://blog.livedoor.jp/meikyousisui_22/archives/53660046.html

「ベルセルクの世界の核心に触れ、世界観を説明し過ぎていたから」というのが、単行本未収録の理由らしいのだが、この内容でそこまで先の展開を読み取れる読者はほとんどいないんじゃないかな。もっと別の理由がありそうなものなのだが。

ここでの「神」とは、現実世界の唯一神宗教(キリスト教やイスラム教)のような「神」ではなく、あくまで人が望み人が生み出した贋物の神。現実世界の唯一神宗教も人が生み出したバッタモンの神を使った詐欺商売なのだが、うっかり狂信者に伝わると殺しに来る物騒な世の中なのでこのくらいにしておく。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
+5

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP