浅草キッド

綾瀬はるかのコメディエンヌの才能を感じる「義母と娘のブルース」2022年SPは視ずに、Netflix独占公開の本作を視る。私は会員ではないが妻がNetflix会員だったので視ることが出来た。Netflixって儲かってるな。こんなクオリティのもの創っちゃえるんだから。

ビートたけしの同名小説の映画化。劇団ひとりは「青天の霹靂」で監督・脚本家としての力量を垣間みせていただけあって本作も悪くない。芸達者の柳楽優弥と大泉洋が2大主役をはってるんだからこれでダメなら相当ひどい才能だってこともある。

歌手を夢みるストリッパー役の門脇麦の演技力は認めていたが、キヨシ役のナイツ土屋が想定外の出色の出来。こりゃ役者でもやっていけるんじゃないか?

深見千三郎は本当にタバコの火の不始末で焼死していた。たけしのオールナイトニッポンでも師匠の深見は話に出ていたっけ。あと2カ月弱で60歳になる前の59歳で亡くなっている。この人なくしてビートたけしはなかっただろう。

Netflixは侮れない。民放もNHKも自前でドラマなんか創らずにNetflixに創らせてそれを買えばいい。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
+13

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP