ウクライナへの戦車供与問題、ドイツがレオパルト2供与了承を渋っているが、解決策は簡単なのではないか

ウクライナvs露西亞戦争の重大局面かもしれない。クソ露西亜の大攻勢を前にNATO勢力を結集して、世界の秩序を壊す露西亞に二度と立ち直れないくらいの鉄槌を下さねばらならぬ。

そのためにウクライナへの戦車供与。イギリスが旧式のチャレンジャー2の14両供与を決め、本命レオパルト2戦車の供与をポーランド等が表明したが、生産国ドイツが了承しないと渡せない。そのドイツは「戦車供与が戦闘激化に繋がる」と慎重姿勢崩さず。ドイツが出さなきゃアメリカもエイブラムス戦車も出しにくい。

アホだなー。アメリカのエイブラムスとドイツのレオパルト2を同時に供与しりゃいいだろ。国際社会の統一意思であるのだ、として。

露西亞は核なんか打てないよ。どうなるかわかるだろ、ウォッカばっか呑んでる酔いどれでも。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 ニュースブログ 明るいニュースへ
にほんブログ村
+13

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP