「 闘球 」一覧

ラグビーW杯優勝の南アが凱旋帰国、しかし、ヨハネスブルグは死にたい人にはおススメの都市だ

ラグビーW杯優勝の南アが凱旋帰国、しかし、ヨハネスブルグは死にたい人にはおススメの都市だ

感動的な凱旋である。このラグビー南ア代表は国民団結の象徴に相応しいと思う。⇒ (続きはクリック)

記事を読む

スプリングボクス(南アフリカ)が3度目の優勝でオールブラックス(NZ)に並んだが、日本代表がこの域には決して到達できない理由がある

スプリングボクス(南アフリカ)が3度目の優勝でオールブラックス(NZ)に並んだが、日本代表がこの域には決して到達できない理由がある

日本を破った南アフリカが優勝することと各国代表とメディアの評判のよさで一応の開催(続きはクリック)

記事を読む

上皇上皇后両陛下がラグビーに興味をお持ちとは存じ上げなかった

上皇上皇后両陛下がラグビーに興味をお持ちとは存じ上げなかった

御帽子なし、かなり私服感漂う装いである。日本代表が負けて急激に興味を失った数多の(続きはクリック)

記事を読む

この表情でオールブラックスのハカを眺めながら勝ってしまうイングランドはEU離脱で揺れているが、ことラグビーに関してホワイト軍団格好良すぎる

この表情でオールブラックスのハカを眺めながら勝ってしまうイングランドはEU離脱で揺れているが、ことラグビーに関してホワイト軍団格好良すぎる

こりゃ、南アフリカもウェールズも敵じゃない、、、か。 もしも、イングランド(続きはクリック)

記事を読む

孫正義や工藤公康が率いるソフトバンクに強打の柳田悠岐以外全く興味はないが、読売を一気に追い詰めた点においては評価している

孫正義や工藤公康が率いるソフトバンクに強打の柳田悠岐以外全く興味はないが、読売を一気に追い詰めた点においては評価している

件名で全部言ってしまった。 しかし、ラグビーを観たあとでサッカーを観るとぬ(続きはクリック)

記事を読む

大畑大介ってすごかったんだぜ

大畑大介ってすごかったんだぜ

最近はサンデーモーニングのスポーツコーナーでしか見かけないかな。⇒大畑大介 (続きはクリック)

記事を読む

南アフリカに敗れて過熱気味だったラグビーブームは一旦終了、4強は大英帝国の国内リーグに! 2019ラグビーW杯決勝トーナメント

南アフリカに敗れて過熱気味だったラグビーブームは一旦終了、4強は大英帝国の国内リーグに! 2019ラグビーW杯決勝トーナメント

「いだてん」を休止してまで生中継に踏み切ったNHK総合に表面的な敬意を表して、キ(続きはクリック)

記事を読む

どこに勤めていようがカスはカス、新聞局長ごときが何様であるのか

どこに勤めていようがカスはカス、新聞局長ごときが何様であるのか

ん?電通がどうかしたって?吉野純とかいうドグサレはもっと晒し者にしてよし。 (続きはクリック)

記事を読む

将棋フォーカスで第32期竜王戦の特集あり

将棋フォーカスで第32期竜王戦の特集あり

その価値がわかる人間はとっくに盛り上がっているのだが、さらに盛り上げようとしてい(続きはクリック)

記事を読む

サモアはフィジカルの強さに警戒すべき相手ではあったが。2019ラグビーW杯1次リーグA組

サモアはフィジカルの強さに警戒すべき相手ではあったが。2019ラグビーW杯1次リーグA組

今の日本の敵ではなかったようだ。 問題は次のスコットランド戦。世界2位のア(続きはクリック)

記事を読む

世界ランキング2位に勝つということは実質世界1位に匹敵する、と考えてよろしいか ラグビーW杯1次リーグA組 対アイルランド戦

世界ランキング2位に勝つということは実質世界1位に匹敵する、と考えてよろしいか ラグビーW杯1次リーグA組 対アイルランド戦

少々気が早いが、人類最強オールブラックス戦が楽しみだ。 今日の試合で気にな(続きはクリック)

記事を読む

あまりにもラグビーを知らない自分のための備忘録

あまりにもラグビーを知らない自分のための備忘録

TVのインタビューでどなたかが仰っていた。ラグビーはサッカーと相撲の混合競技であ(続きはクリック)

記事を読む

ラグビーW杯が始まったらしく、開幕戦で日本がロシアに快勝したらしい

ラグビーW杯が始まったらしく、開幕戦で日本がロシアに快勝したらしい

ラグビーとは和名で闘球らしい。勇ましく大変興味深い競技だが、ルールを知らない者に(続きはクリック)

記事を読む