支持率低下の下げ止まりで破滅への道か

今日は、また呑んできたのもあるけど、疲れが溜まっているようで、酔の周りも早く、まだフラフラしております。なので、今日は短めに。気持ちも乗らないので・・・

土曜日に10キロ走り、日曜日になれないところまで200キロ以上運転し、それで今日。しかも二晩続けてCPAPで熟睡できなかったので、さすがにいつもよりは疲れていたようにも思える。なんたって、普通にしていても目が開かない。少し呑んだだけでもうフラフラ。

遊戯三昧《ゆげざんまい》さんの主治医によると、「鼻が詰まっている時に無理にCPAPをする必要はない」ということなので、少し気が楽になった。

CPAPというのは、知らない人にはどうでも良い話だけど、要は酸素マスクのようなものの小型版で、鼻にだけマスクのようなものをかぶせると、ずっと空気がそこに送り込まれる。それで気道が塞がれるのを防ぐというわけだ。

使用した人の話によると、睡眠時の無呼吸状態が緩和されるので、日中の調子がとても良くなるということだが、慣れるまでは大変らしい。しかも、鼻から空気を送りながら、鼻呼吸しかしてはいけないので、鼻が詰まっているとどうにもならない。

少しでも早く治そうと思って焦っていたところもあったけど、鼻詰まりも直しながらじっくり進めるべきか。

先週末の緊急世論調査の結果が出た。

「佐川氏証言納得できず」72% 内閣支持42%、共同世論調査

共同通信社が3月31日、4月1日の両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で証人喚問を受けた佐川宣寿前国税庁長官の証言に関し「納得できない」との回答が72.6%に上った。納得できるは19.5%。改ざん問題で「安倍晋三首相に責任があると思う」は65.0%で、3月17、18両日の前回調査(66.1%)と横ばい。内閣支持率は42.4%で、前回から3.7ポイント増。不支持は47.5%で、支持を上回る逆転状態は続いた。

予想どおり、内閣支持率は下げ止まりとなり、野党の支持率は大きく上がることは無かった。

これで官邸はホッとして乗り越えたと思っているだろうけど、本当にそれで良いのか。自民党のみなさん。一部、本音では「このまま安倍政権が続くと日本にとって良くない」と思っている議員がいる。しかし、総理を代えて良くなっていく保証はない。

今の景気がこれから落ち込んでいって、消費税増税したあとは急激に落ち込む。オリンピックで少し持ち直すが、そのあとは長い不況に入る。

年金問題も解決していないし、地方創生も全然できていない。格差は広がり、全体的にこれから日本は貧しくなっていく。それがわかっていながら、ポスト安倍を探しても、仮に今、新総理になった人は短命になる可能性が高い。少なくとも3年は建て直しに時間がかかるだろう。もう手遅れかもしれない。それであれば安倍首相と運命をともにするか…本当に自民党の議員はそれで良いのか。昔だったら、まだ派閥争いの中である程度均衡が保たれていたけど、今は党内でも異論を言える雰囲気はない。

嫌な国になっていくな。

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)