鉄杵磨成針

鉄杵(てっしょ)を磨いて針と成す
という中国の故事があります。

鉄の棒を磨いて磨いて磨いて、細い細い刺繍針を作る老婆の話で、それを聞いた子供の頃の李白が、努力の大切さを知り、以後、勉強に励んで、大詩人になった、という話です。詳しくは、例によってググってください。

しかし、なんで李白なのか、わかりません。いや、ホントの話だった可能性も十分あるわけですが、李白って「努力の人」と言うより「孤高の天才」って感じがするんですよね。

「将進酒」という有名な詩の中で、

莫使金尊空對月 天生我材必有用

金尊をして空しく月に對せしむる莫れ
天 我が材を生ずる必ず用有り

「ケチケチせんと、お金なんか、なんぼでも使こうたれ!ワシにゃ、才能あるんやから、絶対、出世するし!」

みたいな傲慢かつ豪快な中々素敵な詩ですが、あんまり「努力の人」を感じさせません。

「なぜ李白なの?」と知り合いの中国人に聞いても「わかりません」とのこと。

同じように、三国志に出てくる関羽が「財神(商売の神様)なのはなぜ?」と聞いても「わかりません」とのこと。

私は、細かいこと気にしすぎでしょうか。

中国によくある、「大人になって偉くなった人の子供の頃エピソード」故事で好きなのが、「資治通鑑」の司馬光の瓶割(かめわり)の話。

子供の頃、近所の子供らと遊んでいたら、一人が水瓶の中にポチャんとハマってさあ大変!

「たいへんや!」

「どないしょ!」

「誰か大人呼んできて!」

と大騒ぎする中、子供司馬光、慌てず騒がず、近くの石を持って「エイっ!」と水瓶を割って、子供を助けたんですね。

この機知と聡明さのエピソード

素敵です♡

テレビのニュースで、中国の子供が、やれ「マンホールに落っこちて抜けなくなった」とか「壁に挟まれて抜けなくなった」というのを聞くたんびに、「中国一千年の伝統なんやなぁ」と感じます。

そういえば、タイの洞窟の少年たち、無事に救助されたようですね。

助け出す方法として、「ダイビングを教えて….」と言うのを聞いたとき;

全くの初心者を5㎞の洞窟をダイビングさせるって…

少しでも、ダイビングやったことある人間としては、

ちょっと無理ちゃう…

と思ってたんですが、100人近いの世界中の一流ダイバーが手伝い、無事救助されたとのこと。素晴らしい!まさに

機知と聡明さと努力の賜物

のエピソードです。

ドキュメントとか出来たら、絶対、観たいですね。

タイ洞窟、少年12人とコーチ全員救出 行方不明から18日目

2+
  • avatar
  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)