棋王戦8連覇は偉業だが、王将戦の最終局も含めて全てはプロローグ 4月からの名人戦・叡王戦で令和初期の将棋の覇者がみえてくる 第45期棋王戦七番勝負第4局

挑戦者が本田五段では正直、渡辺棋王からするとボーナスステージのような棋王戦であっただろう。得意の先手相掛かりで一矢報いただけでも本田五段には大きな収穫だったのは間違いない。

さて、問題は4月からの名人戦・叡王戦である。豊島竜王・名人とすれば、(今後も何度もあるだろうが)棋士人生最大の山場である。日程もさることながら、A級順位戦9戦全勝の渡辺三冠、昨年の王座戦トーナメント・今年の王位リーグで煮え湯を飲まされた永瀬二冠相手の最大14戦。ともに負けるわけにはいかないが、かなりの激戦は期待していいだろう。

終盤での驚異的な逆転勝ちを見せる豊島竜王・名人の戦いに期待する。

豊島竜王・名人の日程
4月8,9日 第78期名人戦 第1局
4月12日 第5期叡王戦 第1日
4月25,26日 第78期名人戦 第2局
5月4日 第5期叡王戦 第2日
5月7,8日 第78期名人戦 第3局
5月16日 第5期叡王戦 第3日
5月19,20日 第78期名人戦 第4局
5月23日 第5期叡王戦 第4日
5月27,28日 第78期名人戦 第5局
6月7日 第5期叡王戦 第5日
6月10,11日 第78期名人戦 第6局
6月18,19日 第78期名人戦 第7局
6月21日 第5期叡王戦 第6日

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
3+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加