豊島将之は泥臭く絶対に勝ちを逃さぬ将棋の鬼に変貌しつつある 指し直し局も見事勝利 第70期王将戦挑戦者決定リーグ戦

あの困難な形勢で持将棋に持ち込んだ豊島竜王は勝ちに近い引き分け、対する広瀬八段は負けに近いそれである。勢いそのまま、指し直し局も126手で豊島竜王が勝った。終局は16日午前0時44分。対局開始から延べ14時間44分の長い一日だった。

最初の将棋も指し直し局もペースは広瀬八段、続けざまの逆転は豊島竜王の身も震えるほどの打倒渡辺明への強烈な執念の賜物である。

指し直し局では116手目に竜王が△6五桂と打ったところ、広瀬八段が▲8八角であれば勝ちだったようだ。(本譜の着手は▲6九桂)自陣の効きを強化し、6六金を入手すれば▲5一金からの詰みあり。

これで豊島竜王がリーグトップの3勝目、残り3戦、天彦・永瀬・羽生と決して油断はできないが、おそらく勝ち切るだろう。

名人戦で苦杯をなめて以後、端正な隙のない将棋に加えて泥沼を創出して引きずりこんで最後に勝つ、新しい豊島将之のスタイルが出来つつあるようだ。研究からはずれようが、この膂力があれば、相手が誰であろうと負け越すことはないだろう。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
9+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加