「石川淳全集」を読みます

00 全集を読む
この記事は約2分で読めます。

「石川淳をよく読んだ」というのは、評論家の呉智英である。近著『バカに唾をかけろ』(小学館新書)で、こう言っている。

私が正仮名遣いを使うようになったのは、若い頃愛読した石川淳の影響である。石川は、自分が正仮名を使うのは「論理」の問題である、とする。この一言にシビれた。シビれたなどと俗語を使うことは、別段日本語を乱すことにはならない。俗語、卑語、外来語を含めて日本語はあるからだ。

バカに唾をかけろ (小学館新書 く 6-2) | 呉 智英 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで呉 智英のバカに唾をかけろ (小学館新書 く 6-2)。アマゾンならポイント還元本が多数。呉 智英作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またバカに唾をかけろ (小学館新書 く 6-2)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

そのそっけない一文を目にして、ふと石川淳を読んでみたくなった。
その前提には、わたしの仲間と近日に呉智英の上記本を使って読書会をする予定があり、その会で課題テキスト本以上に呉智英の思想にも踏み込んでいきたいと主催者は言っていて、冒頭の一文を目にしたときに呉智英の思想の一角には石川淳が備わっているのではないかと直感したからである。
もちろん、読書会当日までに大部の全集がすべて読み終えられるわけもない。せいぜい「アタリをつける」程度が関の山だろう。

わたしがこれまで読んだことがある石川淳というと、『至福千年』とか『敗荷落日』あたり。ずいぶん昔のことなので、どんな話だったかほとんど忘れている。その程度。

至福千年 (岩波文庫 緑 94-2) | 石川 淳 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで石川 淳の至福千年 (岩波文庫 緑 94-2)。アマゾンならポイント還元本が多数。石川 淳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また至福千年 (岩波文庫 緑 94-2)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
安吾のいる風景・敗荷落日 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) | 石川 淳 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで石川 淳の安吾のいる風景・敗荷落日 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)。アマゾンならポイント還元本が多数。石川 淳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また安吾のいる風景・敗荷落日 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ここでは、筑摩書房版(1989-93)「決定版石川淳全集」全19巻を読んでいくことにする。感想その他はごくわずかで即物的にに済ますつもり。研究批評といった領域には近づかない。

基本的には第1巻から読んでいくが、行儀良く順番に読んでいくかは解らないし、この全集以外にもあちこちに脱線してしまうかもしれない。各巻はAmazonでコツコツ集めているので、それ次第かなとも思う。

 

 

 

0
profile
samuel-zeller-158996-unsplash

nikolaschka/赤座 林(あかくら はやし)。
ソーシャルプランナ。慶應義塾大学通信教育課程法学部乙類在籍(71期秋期学士入学)。

Amazonアソシエイト・プログラム参加について

赤座林は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

Amazonアソシエイト・プログラムとは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです。

00 全集を読む
nikolaschkaをフォローする
游夷日記
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました