第69期王将戦七番勝負第3局1日目 角換わり相早繰り銀で始まり、相掛かりのような激しい戦い

広瀬八段の積極的な動きが印象的な1日目。52手目の△5五銀や封じ手前62手目の△2五歩などがそれである。渡辺王将は比較的早く封じたのでおそらく同飛だと思うが、先手後手とも手が広すぎて最善が何なのか難しすぎる。最前線の将棋はこういう将棋が非常に多い。これもソフト研究の影響だろうか。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

3+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加