中原誠、羽生善治を凌駕する藤井聡太の高勝率を示す指標2つ

世の中、武漢ウイルスや東京五輪延期の話で持ち切りだが、あえて将棋の話を続ける。

その1
通算対局数200局時点の勝率
1.藤井聡太 0.8400
2.羽生善治 0.7900
3.中原 誠 0.7800
その2
生涯通算勝率8割を超えている期間
1.藤井聡太 1187日間(継続中)
2.中原 誠 1037日間
3.羽生善治 0152日間

その2の補足・内訳

藤井聡太 2016/12/24ー2020/3/24現在(継続中)
中原 誠 1966/4/6ー5/26・7/27ー8/19・11/28ー1967/2/5・1967/2/17ー1969/7/24・1969/8/1ー9/1・9/6ー9/11
羽生善治 1986/1/31ー03/25・3/28ー03/31・7/11ー9/16 1989/8/31ー9/8・9/12ー9/28

藤井聡太はここから11連敗しないと8割を切ることはない。心底末恐ろしい神童である。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
3+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加