【備忘】現将棋界3強寸評メモ

無断転載厳禁

豊島将之竜王
終盤の泥沼術を会得したオールラウンダー。全てが高水準で局面の複雑化能力も高いが、相手に1回でも超絶AI手を出されるとジリ貧になっていく特性あり。変態流への対処も悪くないので読みを外されても適宜咎めることができるのが強み。一方、たまにお付き合いして泥沼化あり。先手を取られやすく10点満点も高頻度で出してくる渡辺明、最初から泥沼上等でぬかるみでの戦いの熟練度に差がある永瀬王座にも苦戦する。序盤で悪くはならず局面の複雑化で時間と読みのリソースを削ぎ相手の変化もしっかり咎められ泥沼術も効く藤井二冠には相性が良い。また単純に序盤で有利が取れる羽生には文句なく強い。
渡辺明
序盤は巧者まで行かずともソツがない。先手ならAIの55%程度、後手なら45%程度で行ければ上等。細い攻めを繋ぐ巧さと大局観の良さがあり、中終盤は読みがレールの上からそこまで外れない相手ならある程度正着に辿り着ける。反面読みを外された時に歯車が噛み合わないまま終わる事もある。序盤以外下位互換な永瀬王座には滅法強く、オールラウンドな豊島竜王にも相性は悪くない。読みが上回られるうえに外される藤井二冠との相性が最悪。
藤井聡太二冠
控えめに言って人間を凌駕する将棋星人(=人外)。AIの読み能力と人間心理の読み合い能力を高水準で融合した問答無用の化け物。膨大な量の手を読んでしまうあまり時間を大量に使ってしまったり、本人しか分からないしょうもない次善手や錯覚に基づく手を指してしまう事もある。読み合いに勝てて読みを外す権利もこちらが握っている渡辺明には滅法強く、序盤ミスらなければ中終盤で折れる永瀬王座、序盤である程度有利にでき終盤の読み合いも上回れる羽生にも強い。一方大量の局面を読まされ、読みも何故かは知らんけど噛み合わず、勝負手もしっかり対応される豊島竜王には相性が悪い。
いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
+8

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP