「 書物 」一覧

世の中には二種類の人間がいる。『カラマーゾフの兄弟』を読破したことのある人と、読破したことのない人だ。

世の中には二種類の人間がいる。『カラマーゾフの兄弟』を読破したことのある人と、読破したことのない人だ。

村上春樹氏の言葉である。 何故、中日ドラゴンズが3連勝で首位に0.5ゲーム(続きはクリック)

記事を読む

ライブ互動日本語

ライブ互動日本語

台中の五南文化廣場で買ったものをやっとスーツケースから取り出せた。香川特集もあり(続きはクリック)

記事を読む

バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス) 新書 – 2012/4 樋口 裕一 (著)

バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス) 新書 – 2012/4 樋口 裕一 (著)

今日お隣の墨田区の図書館から借りた10冊のうちの1冊(他のものもそのうち) (続きはクリック)

記事を読む

『書店本事』日本語版はフルカラー出版に

『書店本事』日本語版はフルカラー出版に

昨年クラウドファンディングで出資した『書店本事 個性的な台湾書店主43のストーリ(続きはクリック)

記事を読む

私のアルメニア覚え書き (原人舎) 単行本(ソフトカバー) – 2005/8 大場 秀章(著)

私のアルメニア覚え書き (原人舎) 単行本(ソフトカバー) – 2005/8 大場 秀章(著)

外務省の海外渡航情報では大抵レベル1(十分注意してください)以上、ところによって(続きはクリック)

記事を読む

「天牛堺書店」破産の衝撃

「天牛堺書店」破産の衝撃

いやぁ、完全に個人的な話である。が、しかし、「天牛堺書店」以上に力強い名前の書店(続きはクリック)

記事を読む

崖っぷちシリーズ 数学Ⅲの微分積分の検定外教科書 改訂第二版  ホクソム 単行本(ソフトカバー)2018/3安田 亨 (著)

崖っぷちシリーズ 数学Ⅲの微分積分の検定外教科書 改訂第二版 ホクソム 単行本(ソフトカバー)2018/3安田 亨 (著)

1/18に神戸で開催された勝谷誠彦を偲ぶ会は、カツブロだけみると12/26の東京(続きはクリック)

記事を読む

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書) 新書 – 2019/1 齋藤 孝(著)

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書) 新書 – 2019/1 齋藤 孝(著)

またしても読書の素晴らしさを伝えてくれるメッセージを齋藤 孝氏が投げかけてくれた(続きはクリック)

記事を読む

どうということのないはずのない一年が終わるのだが、50歳を超えても脳が若返る生き方 (講談社+α) 新書 2018/8加藤 俊徳  (著)を読む

どうということのないはずのない一年が終わるのだが、50歳を超えても脳が若返る生き方 (講談社+α) 新書 2018/8加藤 俊徳 (著)を読む

多少のことはいつも通りあったが、今年も暮れようとしている。 もなちゃんは逝(続きはクリック)

記事を読む

On the Beach / Nevil Shute

On the Beach / Nevil Shute

いわずと知れた「渚にて」である。この間の土曜日に図書館で借りた。LEVEL4だが(続きはクリック)

記事を読む

今週のSPA!と『カツブロ』は続くよ、

今週のSPA!と『カツブロ』は続くよ、

いつまでも、というわけではなく 1-①最低1年は継続 1-②1年後に閉鎖とな(続きはクリック)

記事を読む

レジェンドOBが選んだ! プロ野球 史上最高の選手 総選挙 単行本 – 2018/4別冊宝島編集部

レジェンドOBが選んだ! プロ野球 史上最高の選手 総選挙 単行本 – 2018/4別冊宝島編集部

いつかTVで視たものが本になっていた。「総選挙」が同じだけで実際は別モノだろう。(続きはクリック)

記事を読む

世界まちかど地政学 90カ国弾丸旅行記 (毎日新聞出版) 単行本(ソフトカバー) – 2018/2 藻谷 浩介(著)

世界まちかど地政学 90カ国弾丸旅行記 (毎日新聞出版) 単行本(ソフトカバー) – 2018/2 藻谷 浩介(著)

うーん、世に出て半年も経過していたか。藻谷 浩介氏、知らなかった。 普通の(続きはクリック)

記事を読む

英語の多動力 (DHC) 単行本(ソフトカバー) – 2018/8 堀江 貴文(著)

英語の多動力 (DHC) 単行本(ソフトカバー) – 2018/8 堀江 貴文(著)

前回のTOEIC受験から2週間があっという間に経ってしまった。 単語も文法もリ(続きはクリック)

記事を読む

『「捨てる!」技術』の著者が人生を捨てさせられた交通事故を許さない

『「捨てる!」技術』の著者が人生を捨てさせられた交通事故を許さない

まだ若いのに、と思わざるをえない。 ⇒辰巳渚さん死去「『捨てる!』技術」著(続きはクリック)

記事を読む

読書という荒野 (NewsPicks Book) 単行本 – 2018/6 見城 徹(著) と 読書の価値 (NHK出版新書) 新書 – 2018/4 森 博嗣(著)

読書という荒野 (NewsPicks Book) 単行本 – 2018/6 見城 徹(著) と 読書の価値 (NHK出版新書) 新書 – 2018/4 森 博嗣(著)

一昨日はのどが痛み、今日はくしゃみと洟がとまらない。 それほど苦しくはないのだ(続きはクリック)

記事を読む

全ての高層ビルファンを狂喜させるであろう絶好の場所を発見した

全ての高層ビルファンを狂喜させるであろう絶好の場所を発見した

遅きに失したとしか言えない。 既に昨年4月にグランドオープンしていたGINZA(続きはクリック)

記事を読む

青山ブックセンター六本木店閉店

青山ブックセンター六本木店閉店

いや、これショックでかいよ。 明け方までやっている当時はめずらしい書店だったと(続きはクリック)

記事を読む

衝撃、都内30駅「大地震で危険度が高い」ランキング

衝撃、都内30駅「大地震で危険度が高い」ランキング

何ということか。 TOP30内に京成線の駅が7つもランクインしている。 (続きはクリック)

記事を読む

HONZにはまって残りの人生を擲つのもよし 黄金のアウトプット術 (ポプラ新書) 新書 – 2018/4 成毛 眞(著)

HONZにはまって残りの人生を擲つのもよし 黄金のアウトプット術 (ポプラ新書) 新書 – 2018/4 成毛 眞(著)

かねてから不思議だったことがある。 HONZというサービスというかサイトという(続きはクリック)

記事を読む