「 書物 」一覧

一行怪談

一行怪談

最近、一行怪談に凝っている。こんなのである⇒話題の「一行怪談」を紹介 上の(続きはクリック)

記事を読む

755を止めたはずの見城徹がシレっと復帰してやがる

755を止めたはずの見城徹がシレっと復帰してやがる

この件だけでも、この男は信用ならない。 ま、自分とこの本の宣伝に一役買って(続きはクリック)

記事を読む

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ) 単行本 – 2013/7 三ツ矢 和弘 (著)

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ) 単行本 – 2013/7 三ツ矢 和弘 (著)

問題の書である。正直「看板に偽りあり」としか言いようがない。私は一応数学のセミプ(続きはクリック)

記事を読む

こんなブログ書いているようではダメだと痛感する「結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術」単行本(ソフトカバー) – 2018/9 中島 聡 (著)

こんなブログ書いているようではダメだと痛感する「結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術」単行本(ソフトカバー) – 2018/9 中島 聡 (著)

今、ちょっと複雑な状況で、 ①会社の仕事がつまらないわけではない ②その一方(続きはクリック)

記事を読む

作家になれる人、なれない人 単行本(ソフトカバー)2014/6 本田健、櫻井秀勲 (著)

作家になれる人、なれない人 単行本(ソフトカバー)2014/6 本田健、櫻井秀勲 (著)

先週、久しぶりに行った八重洲ブックセンターで、つい買ってしまった。やや切羽詰った(続きはクリック)

記事を読む

デイリー 日本語・台湾華語・英語辞典 (ソフトカバー)– 2018/5 樋口 靖[監修] 三省堂編修所[編]

デイリー 日本語・台湾華語・英語辞典 (ソフトカバー)– 2018/5 樋口 靖[監修] 三省堂編修所[編]

これ、めっちゃええやん。読んでるだけでも楽しい。⇒こちら オリジナ(続きはクリック)

記事を読む

Google流 疲れない働き方(SBクリエイティブ) 単行本 – 2018/3 ピョートル・フェリークス・グジバチ(著)

Google流 疲れない働き方(SBクリエイティブ) 単行本 – 2018/3 ピョートル・フェリークス・グジバチ(著)

Kindle版のほうが安いのに、つい隣駅の書店で実物を目にして買ってしまった。こ(続きはクリック)

記事を読む

最近のブログランキング(にほんブログ村)と、締め切りまで約3ヶ月になった第4回かつしか文学賞について

最近のブログランキング(にほんブログ村)と、締め切りまで約3ヶ月になった第4回かつしか文学賞について

以前からあまり書く内容は変わっていないのだが、最近INポイントが増えてきた。クリ(続きはクリック)

記事を読む

かつしか文学賞 全史

かつしか文学賞 全史

受賞作は以下のとおり。 回(年) 賞 受賞作 受賞者 (続きはクリック)

記事を読む

『書店本事 個性的な台湾書店主43のストーリー』出版記念パーティ

『書店本事 個性的な台湾書店主43のストーリー』出版記念パーティ

取りとめもなく記しておく。 思えば昨年の9月8日に日比谷図書文化館へ台湾ド(続きはクリック)

記事を読む

台風3号28日(金)早朝に関東最接近、上陸のおそれも、って明日は「書店本事」の出版記念パーティなのだぞ

台風3号28日(金)早朝に関東最接近、上陸のおそれも、って明日は「書店本事」の出版記念パーティなのだぞ

もちろん、朝から定時までは通常勤務である。台風のせいで出遅れて仕事に支障があって(続きはクリック)

記事を読む

再読:天使の傷痕 (講談社文庫) 新書 – 1976/5 西村 京太郎 (著)

再読:天使の傷痕 (講談社文庫) 新書 – 1976/5 西村 京太郎 (著)

ひとつ注意事項、「天使の傷痕」は改題されているので、江戸川乱歩賞の一覧を探しても(続きはクリック)

記事を読む

みのりさんがうちに来て1年、「このミステリーがひどい!」がひどい!という前に

みのりさんがうちに来て1年、「このミステリーがひどい!」がひどい!という前に

みのりさんがトライアルでうちに来て1年が経過した。ちなみにあと3ヶ月ちょうどでみ(続きはクリック)

記事を読む

このミステリーがひどい!(飛鳥新社)単行本 – 2015/7/30、『こころ』は本当に名作か―正直者の名作案内 (新潮新書) 新書 – 2009/4/1 小谷野 敦  (著)

このミステリーがひどい!(飛鳥新社)単行本 – 2015/7/30、『こころ』は本当に名作か―正直者の名作案内 (新潮新書) 新書 – 2009/4/1 小谷野 敦 (著)

こちらの図書館めぐりを細々と続けているが、今日いったのは荒川区の「ゆいの森あらか(続きはクリック)

記事を読む

『書店本事 個性的な台湾書店主43のストーリー』がついに手元に!

『書店本事 個性的な台湾書店主43のストーリー』がついに手元に!

昨年9月に翻訳出版プロジェクト(クラウドファンディング)に参画した『書店本事 個(続きはクリック)

記事を読む

絶望しきって死ぬために今を熱狂して生きろ、と言った人間が周囲の人間を絶望させていることは、驚くほど多くの人が見ている

絶望しきって死ぬために今を熱狂して生きろ、と言った人間が周囲の人間を絶望させていることは、驚くほど多くの人が見ている

見城徹のことは以前書いたことがある。私の知らぬ間に謝罪する事態になっていたようだ(続きはクリック)

記事を読む

都内23区の図書館を制覇するための絶好の味方がこれ

都内23区の図書館を制覇するための絶好の味方がこれ

普段は住んでいる葛飾区と隣の墨田区の図書館をよく利用しているが、勤務地がある区な(続きはクリック)

記事を読む

ドストエフスキー五大長編なるものと労作性狭心症であるかないか

ドストエフスキー五大長編なるものと労作性狭心症であるかないか

「カラマーゾフの兄弟」を読み終わったわけではないが、ドストエフスキー五大長編を読(続きはクリック)

記事を読む

世の中には二種類の人間がいる。『カラマーゾフの兄弟』を読破したことのある人と、読破したことのない人だ。

世の中には二種類の人間がいる。『カラマーゾフの兄弟』を読破したことのある人と、読破したことのない人だ。

村上春樹氏の言葉である。 何故、中日ドラゴンズが3連勝で首位に0.5ゲーム(続きはクリック)

記事を読む

ライブ互動日本語

ライブ互動日本語

台中の五南文化廣場で買ったものをやっとスーツケースから取り出せた。香川特集もあり(続きはクリック)

記事を読む