トランプ陣営、ファウチ氏のコロナ発言ねじ曲げ/新型ウイルス、紙幣やスマホの表面で28日間生存/米ブロードウェー、休演期間延長 来年5月末まで

トランプ陣営、ファウチ氏のコロナ発言ねじ曲げ 選挙広告動画で


<【10月12日 AFP】米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ(Anthony Fauci)所長は11日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)陣営が放映した選挙広告動画について、自身がトランプ氏の新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)対応を支持しているかのように編集されていると苦言を呈した。>
<ファウチ氏はAFPに送付した声明の中で、「私は公職について50年近く、選挙の候補者を公に支持したことはない」と述べた。>
【米大統領選2020】 ファウチ博士、自分の発言をトランプ陣営がわい曲と主張

<ファウチ博士は以前から、感染予防策としてマスク着用と社会的距離の重要性を強調。7月には、マスクの是非について政権の発言が一貫しないことを問題視していた。>
<ミネソタ州保健当局は9日、トランプ陣営が9月18日に州内で開いた選挙集会に関連して、9人の感染が確認されたと発表した。>
<11月3日の投開票日に向けて、野党・民主党のジョー・バイデン大統領候補がトランプ氏に対して全国世論調査では1ケタのリードを維持している。>

発言の一部を切り取って真意を捻じ曲げるのはよくあることだ。
異なる場面での動画をくっ付けることも不思議ではない。
ネットリテラシーが必要だというが、トランプ支持者、バイデン支持者共に自分たちの都合の良い情報しか頭の中に入らない。
普通に考えれば、バイデン候補の圧勝と考えるのだが、そう考えられないのは何故なのか。
どちらも魅力的な候補ではなく、選挙に行かない人が少なくないからかもしれない。

新型ウイルス、紙幣やスマホの表面で28日間生存=豪研究機関


<感染症COVID-19を引き起こす新型コロナウイルスが、紙幣や携帯電話などの表面で28日間生存することが、オーストラリアの研究機関の調査で明らかになった。ただし一部の専門家は、物の表面を介した感染リスクを疑問視している。>
<この実験は暗室で行われたもので、すでに紫外線(UV)でウイルスが死滅することは示されている。>

新型コロナウイルスは鼻や口から感染する。
飛沫感染では直接、摂食感染では触ったものから手を通して感染する。
だから、手洗い、マスクが有効である。
このような記事がでると感染防止UV照射装置がまたまたネット広告に増えるだろう。
一方でUVは皮膚に当たると発がん性のリスクもある。
繰り返しになるが、手洗いとマスクとソーシャルディスタンス、これがリスクを下げる一番の対策だ。

米ブロードウェー、休演期間延長 来年5月末まで


<2020.10.12 Mon posted at 09:40 JST
(CNN) 新型コロナウイルスの流行を受けて活動休止となっていた米ニューヨーク・ブロードウェーで、チケットの販売が全て来年5月30日まで停止されることがわかった。業界団体「ブロードウェーリーグ」が発表した。>
<業界団体によれば、約9万7000人がブロードウェーでの活動で生計を立てている。ニューヨーク市に対する年間の経済的な影響は148億ドル(現在のレートで約1兆5600億円)に達する見通しだという。>

それだけニューヨークの状況が酷いということだ。
知事が民主党ということも関係があるのかもしれない。
その点、日本では娯楽活動が動き始めている。
もちろん、観客を制限しなければならないので収益の点で問題はあるだろう。
とにかく観劇することができる。
これは幸せなことではないか。

【備忘録】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(11日午後8時時点) 死者107.4万人に


<【10月12日 AFP】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間11日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は107万4055人に増加した。

中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに196の国・地域で少なくとも3729万7350人の感染が確認され、少なくとも2576万3900人が回復した。

この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関(WHO)からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。

10日には世界全体で新たに4871人の死亡と34万3734人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのはインドの918人。次いで米国(735人)、ブラジル(559人)となっている。

最も被害が大きい米国では、これまでに21万4379人が死亡、771万9254人が感染し、少なくとも306万2983人が回復した。

次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は15万198人、感染者数は508万2637人。以降はインド(死者10万8334人、感染者705万3806人)、メキシコ(死者8万3642人、感染者81万4328人)、英国(死者4万2760人、感染者59万844人)となっている。

人口10万人当たりの死者数が最も多いのはペルーの101人。次いでベルギー(88人)、ボリビア(71人)、ブラジル(71人)となっている。

香港とマカオ(Macau)を除く中国本土で発表された死者数は4634人、感染者数は8万5557人、回復者数は8万705人。

地域別の死者数は、中南米・カリブ海(Caribbean Sea)諸国が36万8186人(感染1006万8397人)、欧州が24万1340人(感染641万9002人)、米国・カナダが22万3985人(感染789万9280人)、アジアが15万1834人(感染912万3494人)、中東が4万9830人(感染218万3281人)、アフリカが3万7886人(感染157万1469人)、オセアニアが994人(感染3万2435人)となっている。

各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。>

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar