羽生九段優勢のまま最終盤へ、挑戦権獲得目前 第33期竜王戦 挑戦者決定戦 第3局

丸山九段には期待していたんだが、このまま羽生九段が久しぶりのタイトル戦登場の確率が高くなった。

そうなると、気になるのは受けて立つ豊島竜王である。馬鹿なマスコミは「羽生100期」の期待をあおるような扱いをするだろう。まるで豊島竜王がヒールになってしまう。冗談ではない。羽生の獲得タイトル数は99でいいのだ。盤のマスの数である99(9x9)が一番相応しい。

羽生九段がその気(100期)なら豊島竜王も防衛童貞に別れを告げる時だ。藤井聡太がいなくても竜王戦は十二分に面白い。明日も出勤なのでさっさと寝る。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
7+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加