韓国、イランと資金凍結解除で合意と発表/イラン濃縮ウラン量、上限の14倍超/全学生に生理用品無償提供、「生理の貧困」撲滅へ フランス

韓国、イランと資金凍結解除で合意と発表 米の承認が条件か


<【2月23日 AFP】韓国でイランのオイルマネー数十億ドルが凍結されている問題で、韓国政府は23日、凍結解除に向け両国が合意に至ったと発表した。一方で、その実現には米国の承認を要することも示唆した。>
<イランは先月、韓国船籍のタンカーをペルシャ湾(Persian Gulf)で拿捕(だほ)。その理由を「海洋環境法に繰り返し違反した」ためと説明していた。>
<資源に乏しい韓国にとって、米国による輸入阻止を受けるまで、イランは重要な石油の輸入元だった。イラン政府報道官は、韓国で凍結されている資金は70億ドル(約7400億円)に上るとしている。>

今後も自国籍のタンカーをペルシャ湾で拿捕されれば、韓国経済に及ぼす影響は大きいため、イランとの交渉を成立させたのだが、アメリカが承認するだろうか。
アメリカからシェールオイルを輸入して不足分を補えと言われ従えば、エネルギー価格上昇より輸出品の国際競争力低下が韓国経済に影を落とす。
どっちもどっちだ。
一方でこれを機に電気自動車化に向けて舵を切れば最先端を切る可能性がある。
資源のないのは日本も一緒。
エネルギー外交をどのようにするかが国家の安全保障のひとつである。

イラン濃縮ウラン量、上限の14倍超 IAEA、未申告施設に深い懸念


<【2月24日 AFP】国際原子力機関(IAEA)は23日、イランの濃縮ウラン貯蔵量が2015年の核合意で定められた上限の14倍以上に達していると明らかにするとともに、イラン国内の未申告施設に核物質が存在していた可能性を「深く懸念している」と表明した。>
<IAEAはさらに別の報告書で、イランの首都テヘランのトゥルクザバド(Turquzabad)地区にある施設について、「この未申告施設で未申告の核物質が存在していた可能性があること、そしてイランがこのような核物質について保障措置協定の下で今も報告していないことについて、深く懸念している」と表明した。>

イランへのアメリカの経済制裁は止めそうにない。
これでは上の記事にある韓国でのイラン資産の凍結をアメリカは承認しないだろう。
未申告施設に未申告の核物質があるなど、危ない方向へしか進んでいかない。
もしかしたら中東で限定的な核攻撃が実施されるかもしれない。

全学生に生理用品無償提供、「生理の貧困」撲滅へ フランス


<【2月24日 AFP】フランス政府は23日、生理用品を買えない「生理の貧困」をなくす国際的な動きに同調し、すべての学生に生理用品を無償提供すると発表した。>
<昨年11月には、英スコットランドが世界で初めて、すべての女性に生理用品を無償提供すると決定。世界中のフェミニストや反貧困運動家らが刺激を受け、「生理の貧困」問題が注目された。>

これらの施策は日本政府はどう考えているのだろうか。
日本ではここまで貧困な女性が居ないと言うのか、女性が貧困を言えない風土であるのか。
既に国会で野党が質問しているのかな。

【備忘録】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(23日午後8時時点) 死者247.4万人に


<【2月23日 AFP】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間23日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は247万4437人に増加した。

これまでに世界で少なくとも1億1164万1390人の感染が確認され、少なくとも6855万2400人が回復した。

この統計は、各国の保健当局が発表した日計に基づいたもので、ロシアやスペイン、英国で行われた統計局による集計見直しの結果は含まれていない。

検査の実施件数は流行初期と比べて大幅に増加しており、集計手法も改善したことから、感染が確認される人の数は増加している。だが、軽症や無症状の人の多くは検査を受けないため、実際の感染者数は常に統計を上回る。

22日には世界全体で新たに6595人の死亡と28万4765人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのは米国の1297人。次いでブラジル(639人)、スペイン(535人)となっている。

最も被害が大きい米国では、これまでに50万313人が死亡、2819万622人が感染した。

次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は24万7143人、感染者数は1019万5160人。以降はメキシコ(死者18万536人、感染者204万3632人)、インド(死者15万6463人、感染者1101万6434人)、英国(死者12万757人、感染者412万6150人)となっている。

人口10万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーの189人。次いでチェコおよびスロベニア(182人)、英国(178人)、イタリア(159人)となっている。

地域別の死者数は、欧州が83万3084人(感染3666万7016人)、中南米・カリブ海(Caribbean Sea)諸国が66万1324人(感染2080万396人)、米国・カナダが52万2012人(感染2903万8265人)、アジアが25万2667人(感染1594万9216人)、中東が10万2728人(感染531万5547人)、アフリカが10万1675人(感染383万8878人)、オセアニアが947人(感染3万2072人)となっている。

各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。>

+2
PAGE TOP