停電続くウクライナ、首都に初雪/韓国で大学入試 今年も航空機離着陸中断、警察が送迎

停電続くウクライナ、首都に初雪

<【11月17日 AFP】ウクライナの首都キーウで17日、初雪が降った。ロシア軍によるエネルギーインフラを標的とした攻撃により、ウクライナは各地で停電に見舞われている。>

気温は氷点下まで下がるらしい。
停電により暖房が効かなければ犠牲者が出るだろう。
重油を燃やしてスチームが各家庭に届くセントラルヒーティングを使えば、二酸化炭素排出量が増える。
人の命には変えられないがこれをロシアによる虐殺行為といってもどこからも文句が出ないだろう。
ロシアの人には罪はないとは言え、プーチン大統領を選んだ責任がある。
例えば、ハッキングしてロシアの発電所を止めてしまえばどうなるか。
憎悪が残るか、政権に反発するか。
やってはいけないことだが、結果を見てみたい気がする。

韓国で大学入試 今年も航空機離着陸中断、警察が送迎


<【11月17日 AFP】韓国で17日、大学入学共通テストに当たる「大学修学能力試験」が行われた。教育省によると、9時間に及ぶ試験の受験者数は50万8030人。今年も空港への離着陸が制限されるなどの特別措置が取られた。>

毎年話題になるが、遅刻するのは一部の生徒だ。
なぜ自己責任を問われないのだろうか。
ほとんどの学生はきちんと着いているのだ。
遅刻しないように早めに行くのが当たり前だ。

日本でも同じようなことがある。
藝大を受けた子が言うには、試験中に横断歩道を渡るときにかかる「通りゃんせ」が気が散るので止めてくれと訴えたら、本当に止まったらしい。

頭の中で作曲をしているところに変な音楽がかかると問題も解けないだろう。
ところで、毎年わかっているならば、飛行機の通り道にある場所を試験会場にするなと言いたい。

+2
PAGE TOP