豊島竜王、四間飛車の奇襲をいなして圧倒し2度目の優勝 王将挑戦プレーオフ前に絶好調 第41回将棋日本シリーズ 決勝

将棋日本シリーズはNPBのそれと違い最高峰の場ではない。しかし、全国各地をまわりこども将棋大会も開催される貴重な棋戦になっている。今年は支那からの武漢ウイルス攻撃により全て無観客、こども大会は中止、しかし、AbemaTVが全局中継してくれて助かった。

戦型は後手の永瀬王座が飛車を四間に振ったことで四間飛車vs居飛車穴熊である。王将戦挑戦者決定リーグで藤井二冠相手にも使って勝った言わば奇襲である。豊島竜王の1筋に引いた角(71手目▲1五角)が遠見の攻めと終盤の受けにめっちゃ効いていた。早指しでこんな手が指せるのはすごいなぁ。藤井二冠、渡辺三冠、永瀬王座と撃破しての優勝は現四強でも頭一つ抜け出した感がある。⇒棋譜

11月30日の王将戦挑戦者決定プレーオフでも両者は対戦する。この対局は先手番の勝ちが続いている。振り駒の結果が重要である。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
9+

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加