第35期竜王戦七番勝負第4局 もう何度も目にしてきた光景、将棋という競技の限界

広瀬章人があっという間に土俵際に追い込まれた。結果がすべての世界であるから、このように言わせてもらう。藤井聡太はタイトル戦の初戦は相手に勝たせてあげているのだ。

もう普通の人間同士の将棋の面白さは失われた。将棋の特性として、棋力が同程度でないと対局はもとより会話だって楽しめない。棋力が上の者であっても赤子の手をひねる盤上協議が面白いわけなかろう。

独善的かもしれないが極めて重要な提言をしてみる。

将棋は個人競技としてではなく、団体戦やAIとのタッグで今後は楽しむのもひとつの在り方ではないか、と思うのだ。

竜王戦第4局で勝利し3勝1敗に タイトル初防衛に王手

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
+13

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP