第62期王位戦挑戦者決定リーグ プレーオフ必至と思われた紅白最終戦の結果

最終局対局直前の状況である。カオスである。紅は豊島竜王、白は永瀬王座が有力と思われるが、どう転ぶかわからない。⇒紅組の状況白組の状況

[紅]豊島将之竜王の相手はリーグ全敗中の片上大輔七段。片上七段は王位リーグ入りを目指す予選で渡辺明相手に耀龍四間飛車で勝ってしまっている。先手番でもあり普通に考えれば竜王勝利は間違いない。ただし木村前王位、澤田七段の対局結果次第でプレーオフが濃厚。

[白]師匠の地球代表が人外藤井聡太二冠を倒したばかりの佐々木大地五段に注目。自身が勝って永瀬王座が負けると挑戦者決定戦に進出決定。王位戦は棋聖戦と並んで低段者の活躍が目立つ棋戦。順位戦で唯一人外に土をつけた近藤誠也七段が何かやってくれるかもしれない。

で、大変エキサイティングだった最終局の結果⇒リーグ最終結果

【紅組成績】
豊島将之竜王    4勝1敗 挑戦者決定戦進出
澤田真吾七段    3勝2敗 リーグ残留
木村一基九段    3勝2敗
斎藤慎太郎八段   3勝2敗
佐藤天彦九段    2勝3敗
片上大輔七段    0勝5敗

【白組成績】
羽生善治九段    4勝1敗 挑戦者決定戦進出
佐々木大地五段   3勝2敗 リーグ残留
永瀬拓矢王座    3勝2敗
近藤誠也七段    3勝2敗
池永天志五段    2勝3敗
長谷部浩平四段   0勝5敗

プレーオフもなく一気に決まってしまった。王位リーグは残留できれば御の字である。木村前王位、さいたろう名人挑戦者、天彦名人三期、永瀬王座らが陥落。挑戦者決定戦での豊島竜王の相手は羽生九段。昨年の竜王戦以来のビッグマッチである。レーティング的にみたら豊島竜王が有力なはずだが一発勝負なので侮れない。元々王位は豊島竜王が持っていたのである。木村九段、藤井二冠に一時譲渡していただけである。そろそろ返してもらわなければならない。

とはいえ現王位は藤井聡太人外二冠、レーティング的にも90以上の差があるので苦しいところだ。フルセットにまで持ち込んで何とか奪取してほしい。奪いに行くときの豊島将之の強さをまたみせてほしい。


藤井聡太人外からすると棋聖戦では渡辺明、王位戦では豊島竜王(or羽生九段)の連続防衛戦。現名人、現竜王(or永世名人・永世竜王)と試練の話題のタイトル戦が連続し将棋界の隆盛のためには大変喜ばしいことだと思うのだ。

いいね!の前にこちらのクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
+7

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP