生まれて初めてオンライン英会話を受講してみた。緊張するけれども、結構楽しいレッスンなのだ…

生まれて初めてオンライン英会話を受講してみた。緊張するけれども、結構楽しいレッスンなのだ…

今月から、オンライン英会話レッスンを受講している。英検1級のスピーキング試験のために、かなり錆びついている会話力を磨き上げるためである。このために、性能の良いヘッドセットも既に購入してあるのだ。 まず、入会に先立って、体験授業を受けみることにし...

僕の好きな音楽家や芸術家たちが、ひとりまたひとりと世を去っていく。これも我々の生きる意味のひとつかも知れないと思うのだ…

僕の好きな音楽家や芸術家たちが、ひとりまたひとりと世を去っていく。これも我々の生きる意味のひとつかも知れないと思うのだ…

もう、いつ頼んだことやらちょっと忘れてしまったけれども、10日ほど前にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団から、今年のイヤープログラムが届いた。確か、3〜4ヶ月くらい前にネット上のフォームで申し込んだような気がするけれども、さてどうだったかなw ...

まだまだ暑いし、油断はならないし、修業に励むけれども、青空はどこまでも高く見えるのだ…

まだまだ暑いし、油断はならないし、修業に励むけれども、青空はどこまでも高く見えるのだ…

週に一度の都内での仕事には、幾つかの楽しみがある。そのひとつは、お昼ご飯を外食することである。僕は、これ以外で外食することは(家族と年に数回、連れ立って出掛ける以外は)殆ど無いと言っていいだろう。 …と言っても、この曜日の外食は、家系ラーメンか...

ある「爆上げ」アイテムを購入。お値段は張ったけれども、きっと英語学習の助けになると思うのだ…

ある「爆上げ」アイテムを購入。お値段は張ったけれども、きっと英語学習の助けになると思うのだ…

昨年以来、毎日のように英検1級対策の英語学習を積み重ねていっている。そして、そろそろ領域を拡大してみようと思った。会話力である。 英語を読む、書く、聞くといったことは日々の勉強によって独力でも修練していくことが出来るのだけれども、唯一話すことに...

中秋の名月の鮮やかさと、新宿駅のホームで思いがけず出会った、ある先生のことと…

中秋の名月の鮮やかさと、新宿駅のホームで思いがけず出会った、ある先生のことと…

今週の日曜日のことである。午後6時になんなんとする頃、東の空に十三夜の月が昇った。 この日は、天高く馬肥ゆる秋と言われる通りの一日であった。前日までの雨がまるで嘘のように真っ青に晴れ渡っていた。そして、そのまま夕刻に陽は没し、盈月へと入れ替わったの...

秋の涼風さわやかな日々、しかし天気がすぐれないときに、僕はこれを観て楽しんでいるのだ…

秋の涼風さわやかな日々、しかし天気がすぐれないときに、僕はこれを観て楽しんでいるのだ…

最近は、またぞろ日々の天気があまり優れないこともあって、僕は実際の夜空の代わりにYouTubeで星空を眺めている。 ハワイ島の国立天文台から配信されているライブカメラ動画である。これが、凄くいい。今回の投稿では、この動画をご紹介したいと思う。 ...

秋の夜長の読書と英語学習に、あの永遠の名作を原文で読む。これが実に便利至極な一冊なのだ…

秋の夜長の読書と英語学習に、あの永遠の名作を原文で読む。これが実に便利至極な一冊なのだ…

9月に入ってからもう、10日ほどが経った。こうして今年も早々に終わっていくのだろうと既に予感させる。 夜明け前には、まだほの暗い南東の夜空にオリオン座が傾いている。周囲の明るい星たちと併せて、一足はやく冬の大三角形を形成していた。この世界の巡りは常...

今回はちょっと趣向を変えて(?)僕のお薦め動画をいくつか紹介してみるのだ…

今回はちょっと趣向を変えて(?)僕のお薦め動画をいくつか紹介してみるのだ…

トップの写真は、今週の月曜日に撮ったもの。雲ひとつなく晴れ渡った、暑い日和であった。たまたま、「フライトレーダー24」を見ていたところ、うちの真上をボーイング777 が通過するところだったのである。 いつものように成田発の機体かと思いきや、そう...

白く朧な望月に、晩夏の訪れをふと思う。毎年夏季の大仕事も、やっとひとつ終わったのだ…

白く朧な望月に、晩夏の訪れをふと思う。毎年夏季の大仕事も、やっとひとつ終わったのだ…

娘が先日、高校の友達と一緒に日帰りで鎌倉まで遊びに行った。このご時世によくもまあ、と思ったけれども、無事に帰宅したのである。それで、お土産にお菓子を買ってきてくれたのだ。パッケージには、うさぎのイラストがあしらわれている。 そして、吝嗇な僕には...

チャイコフスキーとラフマニノフ、ああ夢の組み合わせ。今からもう来年が楽しみなのだ…

チャイコフスキーとラフマニノフ、ああ夢の組み合わせ。今からもう来年が楽しみなのだ…

立秋から2週間近く経ち、一段と夜明けは遅くなった。日の出はもう、5時過ぎまで待たなくてはならない。 雲ひとつない曉のもとでは、桜並木で鳴く蝉の声が響いている。この日も暑くなることを予感させた。 ふと西方を見遣ると、十三夜になんなんとする月が既...

西方の茜雲に、コロナ禍の喧騒を忘れさせる慰めの、ひと時かな…

西方の茜雲に、コロナ禍の喧騒を忘れさせる慰めの、ひと時かな…

トップの写真は、先週の木曜日だっただろうか、夕方7時ちょっと前に撮った、日没直後の南西の空。 巻雲(けんうん)による、見事な茜雲だ。これが、ざっとほぼ全周に渡って眺め渡すことが出来た。余程に夕陽の鮮やかな光彩が広がっていたようなのである。 こ...

遂にクルマのオイル交換を実行した。よりによって、こんな暑い季節の日暮れにやってしまったのだ…

遂にクルマのオイル交換を実行した。よりによって、こんな暑い季節の日暮れにやってしまったのだ…

トップの写真は、久々に登場のうさぎ。先月の撮影。相変わらず元気にしている。最近は、桃やぶどうの皮を干したものをおやつに貰って、むしゃむしゃと美味しそうに食べている。野菜もよく好むけれども、果物も大好きなのである。 さて、今週の日曜日には、クルマ...

ちょっと変わった形状(?)のライトを買ってみて、こんなところに設置してみたのだ…

ちょっと変わった形状(?)のライトを買ってみて、こんなところに設置してみたのだ…

先週から小中学校等は夏休みに入り、仕事場の塾では目下、夏期講習を行なっている。 僕の場合、今年は(今年も?)一日おきの授業日程となる筈が、講習開始早々に大きな番狂わせが発生した。そのため結局、連日の出勤となってしまっている。やはり、そう簡単に休...

英検1級の上には(非公式に)英検初段と呼ばれるランクがあるらしい(?)それは何かと言うと…

英検1級の上には(非公式に)英検初段と呼ばれるランクがあるらしい(?)それは何かと言うと…

先週、日の入り30分あまり前、東の空に虹が出たという日があった。夕方頃、ざっと雨が降ったためであろうか。 よく見ると、薄っすらとではあるけれども、二重に掛かっているようだ。写真にはそこまでよく写るかな、と思いつつシャッターを切った。トップの写真...

小さな石の思い出と、懐かしい色を発する電子パッドと、夏のあいだの飲み物と…

小さな石の思い出と、懐かしい色を発する電子パッドと、夏のあいだの飲み物と…

いま、僕の手元には小さなひとつの石がある。長年ずっと手放さずに取ってあるのだ。 色は、透明な薄い黄緑色だけれども、茶色っぽく濁っている部分がある。全体的に細長い台形を立体にしたような形で、長辺は8cm程だろうか。 前回の投稿で、小曽根真氏の演...

ジャズとクラシックが、サントリーホールで出逢う。これは実に、新しい音楽体験だったのだ…

ジャズとクラシックが、サントリーホールで出逢う。これは実に、新しい音楽体験だったのだ…

トップの写真は、10日ほど前の午後10時頃に撮った月。旧暦で12日だったので、この月に名は特にない。ちなみに、翌日は十三夜の月であった。 実は、8時過ぎに南中を見計らって撮影するつもりが、雲があまりにも厚くて観察できなかった。それで待つこと1時間半...

今どき!? スマートスピーカーを導入。これは意外と良いなあ、便利だし。あと、あの事件について、ちょっと考えてみたのだ…

今どき!? スマートスピーカーを導入。これは意外と良いなあ、便利だし。あと、あの事件について、ちょっと考えてみたのだ…

先達て、非常に遅ればせながら、スマートスピーカーなるものを購入した。あの「オッケイ、グーグル」でお馴染みの(?)Google Home Miniである。シュリンクラップに巻かれたままの新品が1600円で入手できたのだ。それが届いたので、開封の儀である...

数ヶ月ぶりに実家の方へと列車の旅。あの作曲家とヴァイオリ二ストの演奏を楽しく聴いたのだ…

数ヶ月ぶりに実家の方へと列車の旅。あの作曲家とヴァイオリ二ストの演奏を楽しく聴いたのだ…

6月に入ってから、日曜日に実家のある地方へ行った。以前から予定していた、クラシック音楽の演奏会を聴くためであった。 作曲家でピアニストの加藤昌則さんとヴァイオリニストの奥村愛さんのジョイントコンサートだ。如何にも加藤さんらしい、音楽史を交えたレクチ...

2日連続で家具を組み立てた。部屋いっぱいの大物ひとつと小物ひとつ、なのだ…

2日連続で家具を組み立てた。部屋いっぱいの大物ひとつと小物ひとつ、なのだ…

もう先月のことになるけれども、大仕事をやった。所謂、ロフトベッドを娘と一緒に組み立てたのである。僕のベッドではなく、娘のベッドなのだ。 狭小なる個室なのに、ロフトベッドが欲しいと言ってきたのだった。本当にそんなものが置けるのだろうか?と思いつつ、イ...

今週も号外(!?) 当ブログ開始以来の来訪者数がきのう20万人を突破。いつも、どうも有難うございます…

今週も号外(!?) 当ブログ開始以来の来訪者数がきのう20万人を突破。いつも、どうも有難うございます…

だいぶ以前の投稿で、このブログに設置されている来訪者数の合計カウンターにはどうも誤差があるようで、その数字は余り気にしないようにしている、という趣旨を書いたことがあった。それでも毎日推移を観察している。僕はアンビバレントなのだろうw それで、き...

きっとUFOは何かの機密を隠すのに役立っているのだろう…と思わせて、それもまた目眩しなのかも知れないのだ(?)…

きっとUFOは何かの機密を隠すのに役立っているのだろう…と思わせて、それもまた目眩しなのかも知れないのだ(?)…

先週の木曜日は、前日の曇天を更に一歩進めたような雨天の一日だった。しかし、その分だけ涼しく過ごしやすかったように思う。 リビングのテーブルには紫陽花が生けてある。うちの敷地内の片隅に咲いていたものを、かみさんが少し切ってきたのだ。 僕は、この...

号外(!?) 今夜の月食の写真をば。天気があまり良くなかったのだけれども…

号外(!?) 今夜の月食の写真をば。天気があまり良くなかったのだけれども…

きょうは皆既月食の晩であった。生憎と塾の仕事がある日なので、うちでずっと観察していることは出来ない。従って、ニコン P900を持って出掛けることにした。しかしながら、それよりも雲行きがどうも、まだ明るい時分からすっきりとしなかったのである。 皆...

お名前と声だけは耳にしていたことのある、あの作曲家のCDを聴いた。いやあ、心が洗われる実に良い音楽なのだ…

お名前と声だけは耳にしていたことのある、あの作曲家のCDを聴いた。いやあ、心が洗われる実に良い音楽なのだ…

先日、晩ご飯に鮭のムニエルを作ってみた。初めてのことである。 その前の日だっただろうか、図書館の帰りがけに魚屋へ立ち寄って、鮭の切り身を買って帰ったことがあった。それを翌日、焼いて食べてみたところ、娘が美味しかったと気に入った様子だったので、ま...

今回のサムネイルは只の真っ黒な写真ではないんだぞ(笑。あと遂にADSLから光回線に切り替えたのだ…

今回のサムネイルは只の真っ黒な写真ではないんだぞ(笑。あと遂にADSLから光回線に切り替えたのだ…

一昨日のことになるけれども、「今夜8時半頃にISSが日本上空を通過します」というニュースをネットで読んだ。 先達て、宇宙飛行士の野口さんと星出さんが一緒に滞在していたという、国際宇宙ステーションである。その後、野口さんは地球に帰還し、今は星出さ...

昭和のあの懐かしドラマのDVDコレクションを先行入手(?)。これは実にノスタルジック、感涙モノなのだ…

昭和のあの懐かしドラマのDVDコレクションを先行入手(?)。これは実にノスタルジック、感涙モノなのだ…

先日、英語学習法に関する新書(北村一真 著『英語の読み方』)を読んでいたら、Websterの『Vocabulary Builder』という洋書を紹介しているページがあった。 あれ?これと同じ本、うちにあるな…と思って本棚の奥を探してみたら出てき...

急逝された偉大なキーボーディストのメモリアル動画が、明日5月5日まで期間限定公開中。これは必見必聴なのだ…

急逝された偉大なキーボーディストのメモリアル動画が、明日5月5日まで期間限定公開中。これは必見必聴なのだ…

先達て、注文しておいた英語学習ソフトが届いた…と言っても、10年以上前に発売された中古品。お値段は400円だった。Nintendo DSでTOEICの公式問題集を解くという触れ込みのソフトである。 僕はこれと同じシリーズで英検の過去問や単語集が...

天ぷらにちょっとハマっている日々。食べに行ったり、自分で作ったりしてみたのだ…

天ぷらにちょっとハマっている日々。食べに行ったり、自分で作ったりしてみたのだ…

都内の仕事場へ行く前に食べるお昼ご飯は、最近、「カレーは飲み物。」か家系ラーメンの2択になってきた。 そろそろ第3の選択肢を発掘しないといけないかも、嗚呼そう言えば天丼が食べたいなあ…と思いつつ街を歩いているとき、ふと天ぷら屋さんを見つけて入ってみ...

米国のアカデミー賞に6部門ノミネートのあの作品を観た。幾つ受賞となるか、けだし見ものなのだ…

米国のアカデミー賞に6部門ノミネートのあの作品を観た。幾つ受賞となるか、けだし見ものなのだ…

最近、小津安二郎監督作品をDVDで幾つか観た。それで、小津安二郎や笠智衆、原節子についての所感をささっと1000〜1500字くらい書いてSNSにアップしたら、何故か消えていたのである。もう色々と使えなさ過ぎのSNSだ…。 このブログのように下書き保...

かの文豪の埋もれた掌篇と天才鬼才指揮者の新作を味わい、久々にショートショートをしたためたのだ…

かの文豪の埋もれた掌篇と天才鬼才指揮者の新作を味わい、久々にショートショートをしたためたのだ…

一昨年、帰省した際に鉢植えを貰って来たことがあった。母がアボガドの種を植えてみたら芽が出たのだそうだ。 そのときは十cm程の小さな苗木で「うちに置いておくと冬の寒さで枯れてしまうかも知れないから、代わりに育ててよ」と言う。そこは北アルプスの麓の街で...

PAGE TOP