「 読書・図書館 」一覧

「神」の不可知論者、田川建三博士

「神」の不可知論者、田川建三博士

今日は、土曜日なので、もうひとつの仕事(塾の方ではない)が休みになったのだ。 だから、カツブロの投稿を書くための時間が、昨日よりは多くあるだろう、と思う。よって、今回は、前回の続きの米国旅行記ではなくて、平常進行でお送り致したく、どうぞ宜しく…。 ...

僕が最近、よく読んでいるブログ…

僕が最近、よく読んでいるブログ…

僕は、本を読むことはこの上なく好きなのだけれども、何故か小説は、余り読まない。 大学は文学部の出身なのに(…英文科だけれども)、そんなことで良いのだろうか?と、ずっと自問していたこともある。でも、どういう訳か、フィクションには手が伸びないのであ...

僕は英語が苦手だった…(3)

僕は英語が苦手だった…(3)

僕は、大学受験のために、いよいよ勉強に本腰を入れなければならなくなった。 そこで、市内の予備校の受験講座に通うようになったのである。そこで、英語の担当になったのは、K先生という、スラッと紳士然とした、しかしどこか日本人離れした感じのする、60代の元...

僕は英語が苦手だった…(2)

僕は英語が苦手だった…(2)

僕は、中学生のときには、英語担当のH先生に半ば怯えながら過ごし、一方で、教育社の『トレーニングペーパー』を利用して、英語の自宅学習を行なっていた。その辺りが、前回のお話。 さて、高校に入学すると、英語の先生が担任となった。こちらも、中学のときと...

僕は英語が苦手だった…(1)

僕は英語が苦手だった…(1)

僕は、語学の学習が好きだ。 英語を小中学生に教えている、ということは先達ての投稿に書いた。きっかけは、日本語教育の資格試験に合格したことだった。そこで、日本語教師にはならずに、英語教師になったというわけだ。 英語は元々、大学での専攻だった。英...

僕のパソコン80年代記…PC-88編(2)

僕のパソコン80年代記…PC-88編(2)

学校の先生にいじらせて貰ったパソコン(当時はマイコンと呼んでいた)に感化され、僕は、高校に受かったらパソコンを買ってくれー、と親にリクエストしたのである…というのが前回のお話。 父は電気工学系の人なので、コンピューターに関して理解があったのが幸...

僕のパソコン80年代記…PC-88編(1)

僕のパソコン80年代記…PC-88編(1)

先週は、ほぼ1週間丸々、クラシック音楽というか、ラフマニノフのピアノ協奏曲に関して、ヴァレンティーナ・リシッツァとアレクシス・ワイセンベルクを取り上げた。 そんな訳で、堅い(?)話が続いたので、今回は趣向を変えてみようと思う。でも、やはりカタイ話だ...

『1984年の歌謡曲』と、僕。

『1984年の歌謡曲』と、僕。

僕は…と言うか、家族も含め、うちではテレビというものを、殆ど観ない。 決して、テレビを持っていない訳では無いのである。リビングとは別階の、お座敷と言うべきか、8畳ほどの和室の片隅に、地デジのチューナーを取り付けた、4:3の小さなアナログテレビが一台...

NHK-FMの「きらクラ!」を聴いていたら…

NHK-FMの「きらクラ!」を聴いていたら…

僕は毎週、日曜日か月曜日には、NHK-FMの「きらクラ!」というクラシック音楽の番組を聴いている。 司会者が、タレントのふかわりょう氏と、チェリストの遠藤真理さんという、肩苦しさの全くない、楽しい番組なのだけれども、昨年は、なんと僕の投稿が読まれた...

僕のねこは捨て猫だった…(前編)

僕のねこは捨て猫だった…(前編)

2週間ほど前だっただろうか、ネット上のニュースで、"猫の一生には150万円必要 「迎える前に考えて」と猫シッター"というものがあった。この記事によると、飼いねこは、平均寿命が15年で、その間に費用が150万円かかる、ということなのである。 この...

佐藤優vs灘高生…という本

佐藤優vs灘高生…という本

僕は、図書館を割とよく利用する方だと思う。常時、15~20冊くらいの本を借りている。 住んでいる市の図書館だけでは、いろいろと間に合わず、県立図書館や、近隣の市立図書館なども利用する。更に周辺の図書館まで足を伸ばして借りに行くこともあるので、図書館...

しいたけの刈り取りと、『ねこのおてて』と…

しいたけの刈り取りと、『ねこのおてて』と…

しいたけを栽培しはじめてから、10日くらいが経つ。 先週から毎日、採れたてのしいたけを堪能し続けたが、ついに最後の収穫である。栽培ブロックに残っているしいたけを全て刈り取り、今回はそれらをザルにのせ、ベランダで干ししいたけにすることにした。 ...

父と息子、坂本龍一。

父と息子、坂本龍一。

先日、NHKで坂本龍一のインタビューが放送されていた。 僕は、普段はまず、TVを見ることなど殆どないのだけれども、この日だけは大急ぎで帰宅し、NHKの放送をプロジェクターで壁に映して(…うちはリビングにはTVを置いていないので…)、夕飯を食べながら...

森博嗣氏の本

森博嗣氏の本

先日、マクドナルドに行ったその帰り道、古本屋に立ち寄った。 いつものように、森博嗣氏のエッセイ本を探して歩き、まだ買っていなかっただろうな、と思われる文庫を一冊見つけて買った。『つぶやきのクリーム』という。 しかし、帰宅した後に、本棚を見たと...

『武満徹・音楽創造への旅』その2

『武満徹・音楽創造への旅』その2

やはり買ってしまった、立花隆の『武満徹・音楽創造への旅』。図書館で借りているだけでは読みきれないだろう、と考えたからだ。 本は普段、ブックオフ等で買うことが多いのだけれども、これは流石に中古ではまだすぐに見つからないだろうと思って、しかも珍しく新品...

『武満徹・音楽創造への旅』

『武満徹・音楽創造への旅』

立花隆『武満徹・音楽創造への旅』が、頗る面白い。図書館で見つけて、借りたのだ。 これは、25年くらい前に『文學界』で連載された、立花隆による武満徹への100時間に及ぶというインタビューを、昨年書籍化したものなのだそうだ。20年以上前は、僕も独学...