「 植物・動物(ねこ以外) 」一覧

きょうの投稿は、途中から20歳以上限定の内容になるかも知れないのだ。あらかじめ御承知おき下され…

きょうの投稿は、途中から20歳以上限定の内容になるかも知れないのだ。あらかじめ御承知おき下され…

トップの写真は、うちのリビングに置いてある花。ちょっと草臥れているように見える。 今回の投稿には何の写真をトップに載せたら良いのかと暫く考えたけれども、こう暑くては撮りに出掛けるのもままならないのだ。そこで、手近なものを撮影したというわけである...

僕は、こういったものを使って英検1級の語彙を覚えていっているのだ(1)…

僕は、こういったものを使って英検1級の語彙を覚えていっているのだ(1)…

トップの写真は、道端のコンクリートの隙間に咲いていた小さな花。健気なことだと感じてシャッターを切った。 この日、愛車を車検に出して歩いて帰るところだったのである。この時節に特有の暑くもなく寒くもない気温で、時折吹く風が実に心地良かった。そんなと...

ことしも桜が花開き、写真に収めた。どうか世界のいずれの場所でも平和と安寧が共にありますように、という祈りを込めながら…

ことしも桜が花開き、写真に収めた。どうか世界のいずれの場所でも平和と安寧が共にありますように、という祈りを込めながら…

花曇りの日々に桜が咲き始めたようである。樹にもよるけれども、5〜6分咲きといった感じだろうか。満開となるときが今から楽しみだ。 うちの近所の並木道には人々が繰り出して、スマホを手に記念撮影をしているのが見えた。日曜日ということもあるのだ...

寒いせいか、この冬は関節が痛いことが多かった。それで僕は今こんな風にしているのだ…

寒いせいか、この冬は関節が痛いことが多かった。それで僕は今こんな風にしているのだ…

きのうの午後、ふと外を見遣ると天気予報通りに雪がちらほらと降っていた。夕方から仕事に出掛けるのに少々困ったことである。でも、その頃までには止むだろうと思う。 向こう側の桜並木は枝に白く雪を纏っていた。まあこのような降り具合なのである。 ...

生まれて初めて、あの「シネマコンサート」へ!これは最高の、いや究極の映画体験だったのだ…

生まれて初めて、あの「シネマコンサート」へ!これは最高の、いや究極の映画体験だったのだ…

ここ毎年は、11月になると花を植えている。身罷ったねこの花園にパンジーやビオラを咲かせるためである。寒さに強い花なので、春まで鑑賞できるのだ。 もう先月のことになるけれども、下旬になってから、その花を漸く買いに出掛け、植え替えを行った。これまでなか...

秋の夜長の読書と英語学習に、あの永遠の名作を原文で読む。これが実に便利至極な一冊なのだ…

秋の夜長の読書と英語学習に、あの永遠の名作を原文で読む。これが実に便利至極な一冊なのだ…

9月に入ってからもう、10日ほどが経った。こうして今年も早々に終わっていくのだろうと既に予感させる。 夜明け前には、まだほの暗い南東の夜空にオリオン座が傾いている。周囲の明るい星たちと併せて、一足はやく冬の大三角形を形成していた。この世界の巡りは常...

きっとUFOは何かの機密を隠すのに役立っているのだろう…と思わせて、それもまた目眩しなのかも知れないのだ(?)…

きっとUFOは何かの機密を隠すのに役立っているのだろう…と思わせて、それもまた目眩しなのかも知れないのだ(?)…

先週の木曜日は、前日の曇天を更に一歩進めたような雨天の一日だった。しかし、その分だけ涼しく過ごしやすかったように思う。 リビングのテーブルには紫陽花が生けてある。うちの敷地内の片隅に咲いていたものを、かみさんが少し切ってきたのだ。 僕は、この...

かの文豪の埋もれた掌篇と天才鬼才指揮者の新作を味わい、久々にショートショートをしたためたのだ…

かの文豪の埋もれた掌篇と天才鬼才指揮者の新作を味わい、久々にショートショートをしたためたのだ…

一昨年、帰省した際に鉢植えを貰って来たことがあった。母がアボガドの種を植えてみたら芽が出たのだそうだ。 そのときは十cm程の小さな苗木で「うちに置いておくと冬の寒さで枯れてしまうかも知れないから、代わりに育ててよ」と言う。そこは北アルプスの麓の街で...

桜が花開く。誕生日も近いので、こうして巨匠たちのCDをまとめて買ったのだ…

桜が花開く。誕生日も近いので、こうして巨匠たちのCDをまとめて買ったのだ…

トップの写真は、きのう都内へ行ったときに撮ったもの。向こうに見える巨大なビルは、日テレの本社。実は、昨年も1日違いで同じ場所の桜を撮影している。同じサイバーショットに写真が残っていたのだ。 それを見ると、昨年の3月28日は既に葉桜であった。何と...

寒い日の朝、ベランダの柵に何かがくっついていたのだ。それをよーく観察してみると…

寒い日の朝、ベランダの柵に何かがくっついていたのだ。それをよーく観察してみると…

きのうは朝から快晴の日曜日となった。気温は低いけれども、清々しいものだ。僕は、寝床のエアベットに敷いているシーツなどを天日に干すために、ベランダへと出た。すると、柵の部分に小さな塊がくっ付いているのを見つけたのである。 しゃがみ込んでじっと見る...

ねこの眠る園に今年も花を植えた。あと、今夜は半影月食が見られるのだ…

ねこの眠る園に今年も花を植えた。あと、今夜は半影月食が見られるのだ…

先達ては、コラムニストで作家、写真家、そしてここカツブロのプロデューサーであられた、勝谷誠彦氏の命日であった。早いもので、もう2年になるのだ。 そして、その2週間ほど前には、うちのねこが老衰で身罷ったのであった。そこで、きのう漸く、庭に設けた園に植...

小旅行に出掛け、実家でのんびりの一日なのだ…

小旅行に出掛け、実家でのんびりの一日なのだ…

前回の投稿の続き…。息子を乗せて、実家への小旅行である。 ここに来たら、川端康成の短編小説の英訳(米国人の翻訳家が訳したもの)をゆっくりと読もうと思っていた。しかし、テーブルで広げて読み始めた途端、母が「お茶を飲もう」と言い、湯呑と柿ピーを持っ...

疫病の災禍の中、旧友から再び手紙が届いた。いつも、どうも有難う…

疫病の災禍の中、旧友から再び手紙が届いた。いつも、どうも有難う…

先週のある日、いつもの様に都内の会社へ出勤した。生憎の雨降りだったけれども、インターネットという社会インフラを維持するためのお仕事に行くのである…。 昨今は通信量過多につき、ネットは何処でも彼処でも重くなっている傾向にある。「最近、インターネットが...

こんなときだからこそ、普段なかなか出来なかった勉強を。英語の学習に良いサイトをふたつご紹介…

こんなときだからこそ、普段なかなか出来なかった勉強を。英語の学習に良いサイトをふたつご紹介…

トップの写真は、さて何の植物なのかお分かりになるだろうか?ここ1ヶ月で急速に葉を伸ばして、このように青々としてきたのである。 実はこれ、アボガドの木なのだ。昨年のことだけれども、実家の母が料理でアボガドを使った際に出た種を、植木鉢に植えておいた...

横浜家系ラーメンをテイクアウトで食す。最近は、お持ち帰り対応の店が増えてきたのだ…

横浜家系ラーメンをテイクアウトで食す。最近は、お持ち帰り対応の店が増えてきたのだ…

一週間ほど前のことになるけれども、晴れた夜の空に月を撮った。 その前の晩が十三夜だったので、その夜は「小望月(こもちづき)」とか「待宵の月(まつよいのつき)」と呼ばれる月であっただろうと思う。何とも趣のある呼び名ではないだろうか…。 その...

はじめて、音楽のサブスクサービスを利用してみたのだ。そこで見つけたのは…

はじめて、音楽のサブスクサービスを利用してみたのだ。そこで見つけたのは…

トップの写真は、かみさんが散歩に行ったときに拾ってきた桜の花。小鳥が啄んで落としたのだそうである。窓からの陽光を受けて、花弁が透き通っている。 さて、前々回の投稿で、天才鬼才指揮者テオドール・クルレンツィスの来日公演が中止になったことを書いた。...

この頃合の降雪は、さて10年ぶりくらいだろうか?桜の枝に雪が積もった朝なのだ…

この頃合の降雪は、さて10年ぶりくらいだろうか?桜の枝に雪が積もった朝なのだ…

きのうの土曜日。このような日でも、僕は予定通り仕事に行った。暖かい日だった。歩いていると、むしろ暑く感じてくるくらいである。天気予報の通り本当に雪が降るのだろうか?きっと、この分では降らないだろうなあ、と思った。 電車の中は軽く冷房が入っていた...

あの天才鬼才指揮者の来日公演がきょう遂に中止の発表。やはり…。でも仕方のないことなのだ…

あの天才鬼才指揮者の来日公演がきょう遂に中止の発表。やはり…。でも仕方のないことなのだ…

一昨日のことだけれども、早朝までに少々の雨が降ったようだ。ちいーの園のビオラやパンジーがしっとりと濡れていた。 このブログを見ると、この花たちを植えたのは、11月と12月のそれぞれ中頃だったようである。もう、3〜4ヶ月も経つのだ。まだまだ元気に...

今年も桜の花が咲き始めました。昨年や一昨年よりも少し早いのかなあ…

今年も桜の花が咲き始めました。昨年や一昨年よりも少し早いのかなあ…

早朝の仕事の帰り、並木道の枝という枝を見上げ、桜がまだ咲いていないことを確認した。しかし、蕾の多くはだいぶ膨らんでいたのだ。先週の木曜日までのことである。 それがどうであろう、翌日の金曜日になると、幾つかが花開いたのだった。トップに掲げ...

ブラームスの交響曲第4番の名盤に関するエントリを載せ忘れて(?)いたので、ここに掲載するのだ…

ブラームスの交響曲第4番の名盤に関するエントリを載せ忘れて(?)いたので、ここに掲載するのだ…

近所の桜並木では、その足下に菜の花がいま満開である。とりわけ午前中には、東側から射し込む眩しい程の陽光によって、黄色の花弁が幾重にも透き通って揺れていた。 トップの写真は、一昨日の午後4時過ぎに撮ったもの。西陽は花の持つ暖色を一層際立たせるよう...

いつもこのブログの更新にも使っている、iPad miniのストレージを初めてお掃除してみたのだ…

いつもこのブログの更新にも使っている、iPad miniのストレージを初めてお掃除してみたのだ…

きょうは、iPad miniのストレージのお掃除をした。去年からずっと、残りが1GB強くらいしか残っていなかったからである。ストレージの中の「その他」という項目(正体がよく分からないファイル群w)がストレージを圧迫しているらしい。 上の...

雪景色に彩られた故郷の街を歩く。今まで気づかずにいた風景を見つけるのだ…

雪景色に彩られた故郷の街を歩く。今まで気づかずにいた風景を見つけるのだ…

前回のつづきである。実家に滞在中、夜半に雪が降り出したのだった。 トップの写真は、前回のそれとほぼ同じ場所から翌朝に撮ったもの。一面の雪景色である。目の前を丁度、鳥が羽ばたいて横切って行ったところであった。 それから、外に出て僕の車を見ると、...

パンジーを花園に植え、SACDに耳を傾ける。朝陽もまた麗しいのだ…

パンジーを花園に植え、SACDに耳を傾ける。朝陽もまた麗しいのだ…

先達ての日曜日、予定外のブログ更新を行なった。月が余りにも綺麗だったからである。ついでに(?)文体を(字面だけでも)文語調にしてみるという試み付きで。 それから、CGクリエイターで星空写真家のKAGAYAさんが同じ月の写真をSNSにアップされた...

夜明け前の雨、旧軽井沢に向けて出発。紅葉に染まる峠を越えていくのだ…

夜明け前の雨、旧軽井沢に向けて出発。紅葉に染まる峠を越えていくのだ…

最近、比較的安価なmp3プレーヤーとハイレゾイヤホンを買った。これが、実に優れものなのだけれども、そのことについての投稿は後日に回したい。先に是非載せておきたいことがあるからである。 この週末は、少し遠出をしている。つまり、このブログでは珍しく...

秋の空は、日中だけでなく夜明け前もまた、月と満天の星空で眩しいのだ…

秋の空は、日中だけでなく夜明け前もまた、月と満天の星空で眩しいのだ…

トップの写真は、うちの敷地に鬱蒼と生えているミントの中に佇む、うさぎである。 前回の投稿で、ちいーの園に花を植えた、ということを書いた。その前の週に、園の中に進出していたミントを根こそぎ抜くという作業を行ったのだ。下の写真は、作業前の状態。 ...

うちのねこの一周忌を迎え、久しぶりに花園のお手入れなのだ…

うちのねこの一周忌を迎え、久しぶりに花園のお手入れなのだ…

きのうの投稿に引き続いての連続更新である。最近では、やや珍しいことであると思う。 先達て、このブログの、のべ来訪者数が12万人を超えた。加えて、きのう一昨日と、一日の来訪者(実数)が500人とか600人とか実に多く記録されている。こんなにたくさんの...

沖縄の水族館で撮った写真と、今般の台風と…

沖縄の水族館で撮った写真と、今般の台風と…

トップの写真は、ウミガメである。スマホで撮影したようなので、縦長なのだ。ご了承くだされ…。 これは、先達て娘が沖縄へ修学旅行に行った際、水族館で撮ったのだそうだ。そういえば、ウミガメならば、僕も以前ハワイで観光用の潜水艦に乗ったときに目撃したこ...

PAGE TOP