「 映画・漫画 」一覧

トイドローンTELLO、高く翔ぶ。あの機材を利用し高度30mに達す、なのだ…

トイドローンTELLO、高く翔ぶ。あの機材を利用し高度30mに達す、なのだ…

きのうは、事前の予報通り風が強かったので、トイドローンTELLOを飛ばしに行かなかった。もし出来れば、夕刻にでも飛行させてみたかったのだけれども。 その代わりというわけではないけど、借りてきたDVDを観て過ごした。昨年3月に世を去った、ホーキング博...

あのタレントさんがお薦めする映画の中に、僕がこの方に教えた作品が入っていたのだ…

あのタレントさんがお薦めする映画の中に、僕がこの方に教えた作品が入っていたのだ…

トップの写真は、図書館へ行くつもりだった帰り道に、トイドローンTELLOを飛ばしたときに撮った写真。何故「行くつもり」だったのかというと、図書館の閉館時刻が祝日スケジュールでいつもより早かったのだ…。空振りであったw この公園に何本も立っていた...

息子の自転車を実家に運び、大学までサイクリングなのだ…(その3)

息子の自転車を実家に運び、大学までサイクリングなのだ…(その3)

前回のつづき。実家へ自転車を車で遥々運び、4月に息子が入学する大学の方までサイクリングしたのだ。そんな1泊2日の旅である…。 息子と一緒に2度サイクリングしてみて、幾つかのポイントのようなものが見えてきた。田んぼ中の道を走るので、夜は真っ暗けw...

また夢を見た。それは、ボルシチと映画『アマデウス』のラストシーンと…

また夢を見た。それは、ボルシチと映画『アマデウス』のラストシーンと…

トップの写真は、先達ての日曜日に撮影した空模様。 青空を低く、層状雲が覆う。それが何処までも向こうに広がっている。その上方には、高く昇ったところの太陽が眩しく輝いていた。陽の光が、雲の厚みを炙り出すようにして一層際立たせていたのである…。 ...

週末にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のサスペンス映画をBlu-rayで鑑賞。これもまた、良い作品だったのだ…

週末にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のサスペンス映画をBlu-rayで鑑賞。これもまた、良い作品だったのだ…

きょうは、立春である。僕は、ベランダにいつも、うさぎのおやつにするつもりの野菜や果物の切れ端をネットに入れて干している。先程、余りの風の強さに部屋の中へ一旦しまったところだった。 ひょっとすると、この強風は春一番かも知れないと思う。でも、春一番...

ねこの集まる場所に久し振りに行ってみた。そうか、ほぼ1年ぶりなのか。みんな元気そうなのだ…

ねこの集まる場所に久し振りに行ってみた。そうか、ほぼ1年ぶりなのか。みんな元気そうなのだ…

先達て、仕事場の塾で、小学生向けのクリスマス会が開かれた。ダーツやビンゴなどをやって、点数に応じて景品をあげるのだ。 いつもの年は、それぞれの席に、お菓子や飲み物と一緒にミスタードーナツをふたつくらい置いておく。でも、今年はドーナツではなくてパ...

ふたご座流星群、なかなか写真に撮れず。今夜も挑戦だ。あと、松本零士先生のクラシック音楽漫画の作品集、CD付きで復刻なのだ…

ふたご座流星群、なかなか写真に撮れず。今夜も挑戦だ。あと、松本零士先生のクラシック音楽漫画の作品集、CD付きで復刻なのだ…

一昨日の月を3態で。月齢は、5.0前後である。トップの写真は、日中、月が青空の中で薄雲に晒されていたところ。これが下のように、晩の月没時にも、灰色のそれに纏わり付かれていたのだ。 そのようにして、月が西方に傾いたときを機会として捉え、地球照を撮...

あまりにも続く、ここ最近の訃報。今朝もついに、来てしまった。信じられない。こんなことがあるなんて…

あまりにも続く、ここ最近の訃報。今朝もついに、来てしまった。信じられない。こんなことがあるなんて…

トップの写真は、ゆうべの月。午後9時過ぎに自転車で帰宅する最中、丁度昇って来るところを見た。その眺めを楽しみながら帰ったのである。 月齢は19.5を幾分過ぎたところ。「寝待ち月」と言うべき頃合いだろうか。これは、「昇るのが遅くて、寝て待つ月」と...

献血に行った。今年は、これでようやく2回目。ちょっと当てが外れたので、ひとりで行ったのだ…

献血に行った。今年は、これでようやく2回目。ちょっと当てが外れたので、ひとりで行ったのだ…

先達ての日曜日のことだけれども、午前の早い時刻から献血に行って来た。土日は早めに行かないと激しく混むのである。でも、受付開始の4分後に着いたのにも拘らず、もう数名の先客がいたw 皆さん、お早い…。 献血は、16歳から可能である。2年前に、息子が...

YMOのコンピレーション『NEUE TANZ』について、もう少し。やっぱり、これは素晴らしいCDなのだ…

YMOのコンピレーション『NEUE TANZ』について、もう少し。やっぱり、これは素晴らしいCDなのだ…

今朝は、いつもの早朝の仕事を休みにした。それには、ある事情があったのだ。結局、それは空振りだったのだけれども…。 しかし、お陰で、午前中は少々ゆっくり出来た。実に、有難いことである。まだ観終わっていなかった、映画『黒部の太陽』の第2部を観て、そ...

Volca FM、これが第4弾。『ブレードランナー2049』のあの場面で流れる、「Tears In The Rain」という曲なのだ…

Volca FM、これが第4弾。『ブレードランナー2049』のあの場面で流れる、「Tears In The Rain」という曲なのだ…

トップの写真は、弓道教室を行なっている総合体育館の隣の建物に飾ってあった巨大埴輪。 どのくらい大きいかと言えば、馬(もしくはサイ?)の埴輪の方は大人が跨がって乗るのに丁度いいくらい。(でも、跨ってはいけないw)見た感じでは、本当に素焼きで出来て...

かなり凄い台風だった。4回も停電したのだけれども、そんな中でも音楽をシンセサイザーで作り、録音していたのだ…

かなり凄い台風だった。4回も停電したのだけれども、そんな中でも音楽をシンセサイザーで作り、録音していたのだ…

今週末は、実に様々なことがあった。まず、土曜日に弓道教室へ行ったのである。第4回目だ。外に出たら雨降りだったので急遽、車で行くことにした。確か、先々週も雨で、車で行った。 この日は娘の高校で文化祭が開催中だったので、もし自転車で行ったらならば、...

仕事場でお別れに貰ったお菓子と、ハリソン・フォードが如何に名優であるかについて…

仕事場でお別れに貰ったお菓子と、ハリソン・フォードが如何に名優であるかについて…

本日は日がな一日雨降りだから、という訳ではないのだけれども、午後からは家でゆっくり。塾の仕事の方が休みなのだ。 朝の仕事場で、パートのおばちゃんがひとり辞めていった。勤務時間がとても早い時刻からの仕事なので、様々な理由で続けられなくなる人がいる...

もう少し『ブレードランナー2049 』を、僕なりに解釈し考察してみたのだ《ネタバレあり》…

もう少し『ブレードランナー2049 』を、僕なりに解釈し考察してみたのだ《ネタバレあり》…

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画、『ブレードランナー 2049 』について考える…の2回目。(前回は、こちら)今回も、ネタバレがあると思うので、未見の方はご注意のほど…。 前回は、この映画には聖書の物語や設定が内包されていて、キリストに相当する人...

実に爽快な秋晴れの日だった。うさぎは何やら、ケージの中で行ったり来たり冒険ごっこをしているのかな…

実に爽快な秋晴れの日だった。うさぎは何やら、ケージの中で行ったり来たり冒険ごっこをしているのかな…

実に良く晴れた一日であったと思う。方角によっては、雲ひとつ見えず、ただ青空のみが広がっていた。それは、抜けるような青い虚空である。明らかに、夏の空とは何かが違う。 午後、南西の方角から、余り聞きなれない音を発しているヘリコプターを見た。ニコン ...

映画『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品を、DVDでもうひとつ鑑賞してみたのだ…

映画『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品を、DVDでもうひとつ鑑賞してみたのだ…

先達ての投稿で、SF映画『メッセージ』を観たことを書いた。岡田斗司夫氏のあの秀逸な解説も相俟って、今だに、この作品の余韻は僕の中に残っている…。 このBlu-rayには、特典映像として、監督や原作者などに対するインタビューが多数収められている。...

Blu-rayで映画『メッセージ』を観た。余りにも深い哀しみと希望が最後、一遍に押し寄せて来た作品だったのだ…

Blu-rayで映画『メッセージ』を観た。余りにも深い哀しみと希望が最後、一遍に押し寄せて来た作品だったのだ…

トップの写真は、先達て久し振りに立ち寄った、大きなな沼のある公園の針葉樹林。レンズを真上に向けて撮った。同じような構図の写真を、今年のお正月に行ったときにも撮影したのを覚えている。(その投稿は、こちら) さて、先日、実に遅ればせながら、ドゥニ・...

僕にとって生涯ナンバーワンの映画、『アマデウス』のBlu-rayをようやく買ったのだ…

僕にとって生涯ナンバーワンの映画、『アマデウス』のBlu-rayをようやく買ったのだ…

トップの写真は、午前中に撮った、本日の陽射し。まるで、夏の強いそれがとんぼ返りして戻って来たかのような、実に暑い日中である。秋が少々、遠のいてしまったかも知れない。 またまた暑くなるのには、もううんざりなのだけれども、何とか我慢しながらやり過ごそう...

懐かしのBCLラジオを復活させようと思って、修理に取り掛かってみたのだ(中編)…

懐かしのBCLラジオを復活させようと思って、修理に取り掛かってみたのだ(中編)…

このブログで何回か取り上げたことのある、東京国立博物館の「野外シネマ」。今年の上映作品が既に発表されたようである。 これは、年に一度の上映会なのだけれども、今年で何回目になるのだろうか。過去には、『銀河鉄道の夜』、『時をかける少女』、『秒速5セ...

また岡田斗司夫氏の解説動画を観た。今度は『ブレードランナー』。それから、雨降りに聴いたショパンのノクターンに想う…

また岡田斗司夫氏の解説動画を観た。今度は『ブレードランナー』。それから、雨降りに聴いたショパンのノクターンに想う…

トップの写真は、本日のうさぎ。ここ暫く、毎日雨降りで外遊びが出来ない。代わりに、娘の部屋で少し遊ばせることにした。娘は、試験期間中のせいか、帰宅が早いのである。 この部屋の中には、形が様々のクッションが置いてある。その中に、真ん中が穴あきの座布...

愛用のiPad mini2が無反応に。ああ、これが突然死か、買い替えなければ、と落胆していたら…

愛用のiPad mini2が無反応に。ああ、これが突然死か、買い替えなければ、と落胆していたら…

日曜日の午前中は、エンニオ・モリコーネのCDを返却するために、隣市の図書館へ行った。すると、そこでリサイクル本のフェアをやっていたのである。除籍になった本が貰えるという催しだ。以前も、利用したことがあった。 さて、今回は何を貰って行こうかな…と物色...

映画のビデオ(VHS)を、実に久し振りに買った。それは、『ジェレミー』という作品なのだ…

映画のビデオ(VHS)を、実に久し振りに買った。それは、『ジェレミー』という作品なのだ…

ここ数年、上野の東京国立博物館では毎年一度、本館前で「野外シネマ」という映画の上映会が行われている。このブログでも、以前取り上げたことがあると思う。 一昨年は、新海誠監督の『秒速5センチメートル』が上映された。この作品は、夜の場面が割と多いので...

おっと、もうクリスマスプレゼントを開けてしまった。Boxing Dayは、まだまだだというのに…

おっと、もうクリスマスプレゼントを開けてしまった。Boxing Dayは、まだまだだというのに…

本日は、クリスマス・イブである。先達ても書いたように、うちは一応のクリスチャンホーム(…でも僕はこの言い方が嫌い)なので、かみさんは例によって教会へと行った。僕は、あそこにはもう行っていない。まあ、あのようなものには、一家で代表がひとり行けば十分なの...

カナダ大使館で、グレン・グールドが愛好した映画、安部公房原作・脚本の『砂の女』を観たのだ…

カナダ大使館で、グレン・グールドが愛好した映画、安部公房原作・脚本の『砂の女』を観たのだ…

先週の木曜日に僕が都内数カ所を周遊した投稿の、今回がひとまずの最後となるであろう。一回分のお出掛けで、随分と長く書くものであるw 我ながら、そう思う。でも、これが性分なのだ…。 今回は、前回と同じく、グレン・グールド・ギャザリング(GGG)とい...

坂本龍一がキュレーションした、グレン・グールド・ギャザリングというイベントの展示に行ったのだ…

坂本龍一がキュレーションした、グレン・グールド・ギャザリングというイベントの展示に行ったのだ…

もう、先週の木曜日のことになるのだけれども、先達ての投稿に書いた、東京都庁の展望台や、坂本龍一の音楽インスタレーション『設置音楽2』などに行ってきたのと同じ日に、僕はグレン・グールド・ギャザリング(GGG)というイベントも見に行ってきたのだ。 ...