「 食べる・飲む 」一覧

きっとUFOは何かの機密を隠すのに役立っているのだろう…と思わせて、それもまた目眩しなのかも知れないのだ(?)…

きっとUFOは何かの機密を隠すのに役立っているのだろう…と思わせて、それもまた目眩しなのかも知れないのだ(?)…

先週の木曜日は、前日の曇天を更に一歩進めたような雨天の一日だった。しかし、その分だけ涼しく過ごしやすかったように思う。 リビングのテーブルには紫陽花が生けてある。うちの敷地内の片隅に咲いていたものを、かみさんが少し切ってきたのだ。 僕は、この...

急逝された偉大なキーボーディストのメモリアル動画が、明日5月5日まで期間限定公開中。これは必見必聴なのだ…

急逝された偉大なキーボーディストのメモリアル動画が、明日5月5日まで期間限定公開中。これは必見必聴なのだ…

先達て、注文しておいた英語学習ソフトが届いた…と言っても、10年以上前に発売された中古品。お値段は400円だった。Nintendo DSでTOEICの公式問題集を解くという触れ込みのソフトである。 僕はこれと同じシリーズで英検の過去問や単語集が...

天ぷらにちょっとハマっている日々。食べに行ったり、自分で作ったりしてみたのだ…

天ぷらにちょっとハマっている日々。食べに行ったり、自分で作ったりしてみたのだ…

都内の仕事場へ行く前に食べるお昼ご飯は、最近、「カレーは飲み物。」か家系ラーメンの2択になってきた。 そろそろ第3の選択肢を発掘しないといけないかも、嗚呼そう言えば天丼が食べたいなあ…と思いつつ街を歩いているとき、ふと天ぷら屋さんを見つけて入ってみ...

あの作曲家・ピアニストのレクチャーコンサートを聴くため遥々旅をした。届かぬチケットをものともせずに…

あの作曲家・ピアニストのレクチャーコンサートを聴くため遥々旅をした。届かぬチケットをものともせずに…

もう先月のことになるけれども、NHKのラジオやTVでお馴染みの作曲家でピアニスト、加藤昌則さんの音楽会(レクチャーコンサート)が2日連続で開催された。テーマは、バロックの時代から現代までの音楽史。 加藤さんは、楽しいおしゃべりと達者なピアノ演奏を駆...

もう3月になり、あれやこれや買って楽しんで(?)みるのだ。時が経つのは余りにも早いのだから…

もう3月になり、あれやこれや買って楽しんで(?)みるのだ。時が経つのは余りにも早いのだから…

僕は大抵、昼食は午後3時か4時くらいに食べることが多い。夜からの仕事に合わせるためである。仕事が休みの日でも、その習慣は変わらない。 きのうは、フリーザーに冷凍のコロッケがあったので、それを揚げてキャベツの千切りと共に、パンに挟むことにした。ひとつ...

日々、電気圧力鍋でいろんな料理を作っていますよ。どれも美味しく出来上がるのだ…

日々、電気圧力鍋でいろんな料理を作っていますよ。どれも美味しく出来上がるのだ…

今回の投稿はちょっと趣向を変えて(?)、電気圧力鍋の利用記録を記しておきたいと思う。いずれも、別々の日である…。 ... x月x日。 きょうは木曜日。いつも数日前から、さて今度は何を作ろうか、と楽しみに考えている僕がいるw 今回はスペアリブにし...

電気圧力鍋は、やっぱり便利この上ない。もう晩ご飯をじゃんじゃん作ってしまうのだ…

電気圧力鍋は、やっぱり便利この上ない。もう晩ご飯をじゃんじゃん作ってしまうのだ…

先週の木曜日のことである。事前に雨雪の予報があったのかどうかは知らないのだけれども、午後から雨降りとなり、それがそのまま雪へと変わっていった。午後2時半くらいからだった。学校の授業が早く終わった娘は、曇天のうちに帰宅できたのだそうだ。 窓の外を...

寒い日の朝、ベランダの柵に何かがくっついていたのだ。それをよーく観察してみると…

寒い日の朝、ベランダの柵に何かがくっついていたのだ。それをよーく観察してみると…

きのうは朝から快晴の日曜日となった。気温は低いけれども、清々しいものだ。僕は、寝床のエアベットに敷いているシーツなどを天日に干すために、ベランダへと出た。すると、柵の部分に小さな塊がくっ付いているのを見つけたのである。 しゃがみ込んでじっと見る...

電気圧力鍋で作ったアレに獺祭を入れて飲んでみたら、とても美味しかったのだ…

電気圧力鍋で作ったアレに獺祭を入れて飲んでみたら、とても美味しかったのだ…

お正月の間も電気圧力鍋は大活躍した。なにせ、殆ど自動的に煮炊きを済ませてくれるので、こんな便利なことはない。いや、このような休みの日々こそ活用すべき道具なのだろう。そんな訳で、僕もひとつ作ってみた。 甘酒である。80種類プログラムされているレシ...

明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願い申し上げます…

明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願い申し上げます…

まず下の写真は、大晦日の夜に撮った、2020年最後の月。東に出でてから30分くらい後に撮影した。大気の影響か、まだ黄色い表情をしている。 満月のように思えども、それは前の晩のことで、この月は旧暦17日の立待月(たちまちづき)。よく見ると右上が既...

お料理の「手放し家電」こと、電気圧力鍋を使ってみたのだ…

お料理の「手放し家電」こと、電気圧力鍋を使ってみたのだ…

前回の投稿で書いた電気圧力鍋だけれども、クリスマスの翌日から使い始めた。この置き場所を確保するために、僕は2日に分けてキッチンを片付け掃除を行ったのである。 まず、背の高さくらいのワイヤーラックを買い、窓際のカウンターに置いてあったコーヒーメー...

今年も、銀座にある「獺祭」の蔵元直営店へ買いに行ったのだ…

今年も、銀座にある「獺祭」の蔵元直営店へ買いに行ったのだ…

12月になったばかりのある日、今年もあとひと月を切ったのを機に、お正月用に再び買った。純米大吟醸「獺祭」である。 一年前と同様、銀座にある蔵元の直営店まで足を運んだ。今回は、獺祭の中でも冬季限定品の「寒造早槽(かんづくり はやぶね)」を選ぶこと...

たまには食べ物の話題といきましょう。ちょっと風変わりな名前の美味しいカレー屋さんなのだ…

たまには食べ物の話題といきましょう。ちょっと風変わりな名前の美味しいカレー屋さんなのだ…

土曜日はいつも、都内へ仕事に行く。そこで、出勤前に昼食を取ることが多い。例えば、3種類の天ぷらが載ったうどん屋さんだったり、横浜家系のラーメン屋さんだったり。先達ては、ちょっと気になっていたカレー屋さんに行ってみた。 屋号がちょっと風変わりなの...

英語学習者向けの英字新聞が2ヶ月無料キャンペーンを実施中。早速、申し込んでみたのだ…

英語学習者向けの英字新聞が2ヶ月無料キャンペーンを実施中。早速、申し込んでみたのだ…

早いもので、もう11月となった。あと2ヶ月を残すのみとなる。何と言うか、今年は歴史に残る年であった…とのちに振り返るようになるだろう。そんな、長く記憶されるべき一年なのかも知れない。 先達て、娘の進路が確定した。それをお祝いしてか、細やかながら...

きのうはハロウィンだった。46年ぶりという満月のこの日に月面を撮影。ケーキを食すのだ…

きのうはハロウィンだった。46年ぶりという満月のこの日に月面を撮影。ケーキを食すのだ…

きのうはハロウィンだったという。そう言えば、仕事場の塾では、毎年恒例のハロウィンパーティを今回はやらなかったようだ。流石に、今年は無理だったのだろう。 さて、ハロウィン当日に満月なのは46年振りだとか。ネットニュースでも、娘からも、そう聞いた。...

ふと気になった17世紀の英訳。そうか、あのサイトの海外版みたいなところでも読めるのか。便利だなあ…

ふと気になった17世紀の英訳。そうか、あのサイトの海外版みたいなところでも読めるのか。便利だなあ…

最近、毎週木曜日は僕か息子が晩御飯のおかずを作っている。かみさんが仕事で少し遅くなるからだ。 息子に任せておくと、ほぼ漏れなくチキンステーキになってしまうw お肉(特に鶏肉)好きで且つ「肉は焼いて、味付けは塩胡椒でオッケイ」と考えているからなの...

いつものコーヒ屋さんで、またドリップコーヒーを買ったのだ。さて、今回は何が入っているのかな…

いつものコーヒ屋さんで、またドリップコーヒーを買ったのだ。さて、今回は何が入っているのかな…

トップの写真は、一昨日の午後9時過ぎ頃に撮った。多分「十日夜(とおかんや)の月」と呼ばれるものであろう。 ここのところ、天気があまり優れないのと僕が忙しいという、両方の理由でもって、夜空の撮影が疎かになっていた。月を撮るのは2週間振り以上である...

英語の勉強をしながら、英検1級の過去問にこんなトピックを見つけたのだった。これにはちょっと驚きかも(?)…

英語の勉強をしながら、英検1級の過去問にこんなトピックを見つけたのだった。これにはちょっと驚きかも(?)…

ときは斯くも速く過ぎ行く。もう彼此3週間も前のことであった。その日は、息子と娘がお手伝いをする日だったのである。所謂「母の日」なのだ。 朝ごはんは、ふたりでフレンチトーストを作り、お昼ご飯には鮭を焼いていた。おやつには息子がフライドポテトを揚げ...

横浜家系ラーメンをテイクアウトで食す。最近は、お持ち帰り対応の店が増えてきたのだ…

横浜家系ラーメンをテイクアウトで食す。最近は、お持ち帰り対応の店が増えてきたのだ…

一週間ほど前のことになるけれども、晴れた夜の空に月を撮った。 その前の晩が十三夜だったので、その夜は「小望月(こもちづき)」とか「待宵の月(まつよいのつき)」と呼ばれる月であっただろうと思う。何とも趣のある呼び名ではないだろうか…。 その...

こんなご時世、家に籠っている間は動画の鑑賞などいかが?僕は、こういったものを観て聴いているのだ…

こんなご時世、家に籠っている間は動画の鑑賞などいかが?僕は、こういったものを観て聴いているのだ…

トップの写真は、先日かみさんがお買い物ついでに(?)買って来た、ねこパンとねこ酒。お酒は静岡の吟醸酒だ。「花の舞」という。カップの可愛いデザインが気に入って、つい買ってしまったらしい。パン共々、美味でございましたw ... 疫病が蔓延している...

今年も桜の花が咲き始めました。昨年や一昨年よりも少し早いのかなあ…

今年も桜の花が咲き始めました。昨年や一昨年よりも少し早いのかなあ…

早朝の仕事の帰り、並木道の枝という枝を見上げ、桜がまだ咲いていないことを確認した。しかし、蕾の多くはだいぶ膨らんでいたのだ。先週の木曜日までのことである。 それがどうであろう、翌日の金曜日になると、幾つかが花開いたのだった。トップに掲げ...

大学生の息子が、もう春休みで帰って来た。お土産は名物(?)の牛乳パンなのだ…

大学生の息子が、もう春休みで帰って来た。お土産は名物(?)の牛乳パンなのだ…

先日、もう春休みになった息子が、僕の郷里の街から帰って来た。国立大学は、これから入試の真っ盛りだ。試験は前期日程と後期日程の2種類があり、採点と合格判定およびその発表も2度ずつ続く。 従って、在学生に対する期末試験は1月の下旬頃から初めて、2月...

僕の冬休みは、このお正月三が日をもって、お仕舞いなのだ…

僕の冬休みは、このお正月三が日をもって、お仕舞いなのだ…

大晦日からチビチビと呑み続けた獺祭は、最後だけ御燗にした。狸の徳利で半分ほどの量だ。 これまた狸の顔の御猪口で、これを呑む。すると、口に含むやツンとした揮発性の刺戟を孕んだ馥郁とした香りが口腔を突く。常温のときとはまた随分な違いである。 これ...

雪景色に彩られた故郷の街を歩く。今まで気づかずにいた風景を見つけるのだ…

雪景色に彩られた故郷の街を歩く。今まで気づかずにいた風景を見つけるのだ…

前回のつづきである。実家に滞在中、夜半に雪が降り出したのだった。 トップの写真は、前回のそれとほぼ同じ場所から翌朝に撮ったもの。一面の雪景色である。目の前を丁度、鳥が羽ばたいて横切って行ったところであった。 それから、外に出て僕の車を見ると、...

銀座にある「獺祭」の蔵元直営店に行ってみたのだ…

銀座にある「獺祭」の蔵元直営店に行ってみたのだ…

もう一週間ほど前のことになるけれども、午前中に歯医者へ行った。ずっと削ったり詰めたりしてきたところ(前歯の裏側)に銀色の平たい小片のような蓋を着けて貰った。年明けには更に白い被せものをするそうである。 それから午後は、都内の仕事場へ。この日の仕...

東京の讃岐うどん屋さんで開催された、勝谷誠彦氏の一周忌イベントへ行ってきたのだ…

東京の讃岐うどん屋さんで開催された、勝谷誠彦氏の一周忌イベントへ行ってきたのだ…

ゆうべは、僕が勝谷誠彦氏の命日に行った、東京の新宿にある讃岐うどん屋さんでイベントがあった。公式の一周忌イベントである。 僕は新宿駅を出た後で少々道に迷ってしまいw、数分遅れで到着。既に多くの人たちが来場していた。奥の方に空いている席を見つけ、...

昨夜、あの方の一周忌に駆けつけ、ゆかりの銘酒を味わってきたのだ…

昨夜、あの方の一周忌に駆けつけ、ゆかりの銘酒を味わってきたのだ…

一年前の11月28日、僕のところに毎朝配信されるメールには、冒頭にこう記されていた。 <勝谷誠彦 生まれ育った尼崎にて旅を終える> きのうは、作家でコラムニストの勝谷誠彦氏の命日であった。僕は昨夜、仕事を無理言って早引けして、勝谷氏のメール配...

翌日に食する誕生日ケーキも、とても美味しいのだ…

翌日に食する誕生日ケーキも、とても美味しいのだ…

トップの写真は、今週の日曜日に撮ったもの。そう、台風一過の後の夜に撮影したのだった。 そのとき、月は羊雲か綿雲のような雲の一団に囲まれていた。そこで暈を円く放ちながら輝く。この場面を写真に撮ると、上のようにまるで散光星雲のガスのようにぼんやりと...

PAGE TOP